新聞広告の費用はいくらかかる?料金プランの仕組みを丁寧に解説

新聞広告の費用を決める要素は、段という新聞独自の概念や広告の掲載場所です。
新聞広告の費用は、初めての人にはわかりにくい仕組みと言えます。

この記事では、段と広告の掲載場所を紹介し。新聞広告の費用について一から解説していきます。

「新聞広告の出稿を検討しているが、料金体系がよくわからない」という方におすすめの記事です。

新聞広告の費用は「段」で計算される

新聞では、独自の概念である段というブロックによってサイズを表します。

新聞広告の料金を計算する場合に段が用いられるため、まずはこの段を学んでいきましょう。

近年は12段で構成している新聞も多くみられますが、基本的には紙面の縦15分の1が1段です。

そして、横を全て使う場合は全〇段、半分使う場合は半〇段とそれぞれ呼ばれます。

  • 1ページ全てを使用した広告は、縦15段に横を全て使うため「全15段」
  • 縦5段で横を全て使うと「全5段」
  • 縦5段に横は半分だと「半5段」

新聞広告のサイズは自由度が高いように見えますが、実際には以下のサイズがほとんどを占めています。

  • 「全15段」
  • 「全7段」
  • 「全5段」
  • 「半5段」
  • 「半2段」

理由としては、一般的でない広告サイズだと、割増料金が取られるケースが多いためです。

無駄なく紙面を広告で埋めたい新聞社は、一般的でないサイズの広告が入るとあまり良い顔をしません。
紙面に無駄なスペースが生まれやすくなるからです。

広告サイズに関しては、デザインや料金との兼ね合いもあり、素人だと判断が難しいのです。
プロである広告代理店と相談して決めていくと良いでしょう。

新聞広告を出せる場所は4つ

新聞広告はサイズの他に出す場所に応じて費用が異なります。

新聞広告を出せる場所は、大きく分けると以下の4つに分類されます。

  • 記事下広告
  • 突き出し広告
  • 記事中広告
  • 題字ヨコ・下広告

ひとつずつ見ていきましょう。

①記事下広告

記事下広告は新聞紙面の記事下に掲載されている広告です。

掲載できるスペースが広いため、最も利用されることが多い広告でもあります。

罫線によって新聞記事と広告欄が分かれているため、誰にでも広告だと認識されやすいのが特徴。

1ページ全てを使用した、全15段広告も記事下広告として扱われます。

②突き出し広告

突き出し広告は記事記事面の最下段や左右両隅に掲載される広告です。

記事下広告から見ると記事の中に突き出していることから、突き出し広告と呼ばれます。

近年は大型の突き出し広告が増加傾向です。

③記事中広告

記事欄に唯一掲載することができる広告が記事中広告です。

記事と記事の間に掲載されるため、広告サイズはどうしても小さくなりがちです。

記事を読むついでに読まれることが多いため、上手に活用することで高い広告効果を得られる場所と言えるでしょう。

④題字ヨコ・下広告

題字ヨコ・下広告とは題字、いわゆる新聞社名が書かれた場所の横、もしくは下に掲載される広告。

スペースは1段だけと狭く、商材の詳細を伝えることは困難となります。

しかし最も目立つ場所にあるので、企業のブランディングを大きく向上させることは間違いありません。

主な新聞広告を出した時の費用

新聞広告の費用は、数万円~数百万円と非常に幅広いのが特徴で、その多くは似たような料金体系となっています。

また、料金はすべて新聞社の定価となっており、業種によっては実質料金と差があります。
業種によっては大幅に安く掲載できる可能性もあるので、都度広告代理店に相談してみましょう。

ここでは全国紙である朝日新聞、毎日新聞、産経新聞の広告料金を、下記の順番にご紹介していきます。

  1. 記事下広告料金
  2. 突き出し広告料金
  3. 記事中広告料金
  4. 題字ヨコ・下広告料金

広告掲載を検討する際には、是非参考にしてみて下さい。

※読売新聞は料金が公表されていないので除外しています。
※2020年12月11日時点での料金です。掲載前には必ず各新聞社の公式HPにてご確認下さい。

参照元:朝日新聞毎日新聞産経新聞

①記事下広告の料金

1回の掲載が1段以上となる場合、6カ月以内に掲載された段数の合計によって料金が変わります。

一般的に「記事下契約料金」と呼ばれます。

※下記の表は1段あたりの料金

朝日新聞 毎日新聞 産経新聞
1段以上 3,305,000円 2,047,000円 1,020,000円
3段以上 3,194,000円 1,983,000円 1,000,000円
5段以上 3,071,000円 1,919,000円 980,000円
7段以上 2,954,000円 1,853,000円 960,000円
10段以上 2,776,000円 1,759,000円 945,000円
15段以上 2,657,000円 1,728,000円 930,000円
20段以上 2,600,000円 1,692,000円 910,000円
30段以上 2,482,000円 1,640,000円 870,000円
※以下略

多く掲載すればするほど、1段あたりの料金は安くなる仕組みとなっています。

ちなみに、1回の掲載が1段未満の場合、「記事下基本料金」と呼ばれ、下記の料金設定となります。

朝日新聞 毎日新聞 産経新聞
10mm×1段 156,000円 108,000円 55,000円
10mm×1段(社会面) 176,000円 119,000円 55,000円

②突き出し広告の料金

突き出し広告に関しては、記事下広告と違い、各社サイズやルールがやや異なります。

下記のように、多くの新聞社では、一定期間に一定回数を掲載することで、契約料金となって割引が適用されます。

朝日新聞 毎日新聞 産経新聞
掲載場所 社会面 一面、社会面、テレビドラマ面、スポーツ面 社会面、生活面
サイズ(横×縦) 50mm×83mm 52.5mm×2段 41mm×2段
基本料金 1,960,000円 1,092,000円 285,000円
※東京本社版
契約料金 1,680,000円
※6カ月に6回以上の掲載で適用
947,000円
※3カ月に3回以上の掲載で適用
無し

③記事中広告料金

記事中広告に関しても、基本的な料金体系は突き出し広告とほぼ同じ。

サイズが小さいことから、比較的安価に掲載が可能です。

朝日新聞 毎日新聞 産経新聞
掲載場所 社会面 一面、社会面、テレビドラマ面、スポーツ面 社会面、生活面
サイズ(横×縦) 50mm×40mm 59mm×39mm 55mm×1段
基本料金 1,180,000円 810,000円 250,000円
※東京本社版
契約料金 1,000,000円
※6カ月に6回以上の掲載で適用
700,000円
※3カ月に3回以上の掲載で適用
無し

④題字ヨコ・下広告料金

題字ヨコ・下広告の料金も、突き出し広告とほぼ同じとなっています。

突き出し広告、記事中広告、題字ヨコ下広告を総称して、雑報広告と呼ぶことも。

朝日新聞 毎日新聞 産経新聞
掲載場所 一面 一面 一面
サイズ(横×縦) 80mm×26mm 56mm×40mm 40mm×33mm
基本料金 1,499,000円 967,000円 5,000,000円
※カラー料金含む
契約料金 1,298,000円
※6カ月に6回以上の掲載で適用
841,000円
※3カ月に3回以上の掲載で適用
無し

対象地域を設定することで新聞広告の費用が割安に

新聞広告では全国ではなく対象地域を設定することで、より割安に広告掲載することが可能です。

朝日新聞の記事下契約料金を例に、その料金をご紹介します。

全国版 東京本社版 大阪本社版 西部本社版 名古屋本社版 北海道支社版
1段以上 3,305,000円 1,885,000円 1,139,000円 537,000円 310,000円 158,000円
3段以上 3,194,000円 1,817,000円 1,098,000円 518,000円 299,000円 152,000円
5段以上 3,071,000円 1,751,000円 1,058,000円 499,000円 288,000円 147,000円
7段以上 2,954,000円 1,683,000円 1,018,000円 480,000円 277,000円 141,000円
10段以上 2,776,000円 1,582,000円 956,000円 451,000円 260,000円 132,000円
15段以上 2,657,000円 1,513,000円 914,000円 432,000円 249,000円 127,000円
20段以上 2,600,000円 1,482,000円 895,000円 422,000円 244,000円 125,000円
30段以上 2,482,000円 1,414,000円 855,000円 403,000円 233,000円 119,000円
※以下略

全国版だと資金力のある企業でないと掲載が難しいかもしれませんが、対象地域を設定することで比較的安価に掲載できると言えます。

新聞広告と雑誌広告どちらの費用が高い?

新聞広告と雑誌広告の費用を比べた場合、新聞広告の方が高くなります。

例えば、朝日新聞社が発行している週刊朝日だと、以下のような料金プランです。

掲載場所 サイズ(横×縦) 料金
本文(目次内)突き出し 52mm×62mm 250,000円
本文横1/5頁 151mm×37mm 155,000円
中面モノクロ1頁 181mm×257mm 950,000円
表4 1頁 165mm×244mm 2,300,000円

週刊朝日より

明らかに、雑誌広告の費用の方が新聞広告より安くなっています。

週刊朝日の発行部数は約10万部、朝日新聞は約550万部です。
よって、1部あたりの広告費は新聞の方が安くなります

部数で考えた場合、一概に新聞広告の方が高いとは言えないでしょう。

また、雑誌広告の場合は専門分野へアプローチしやすいといったメリットもあります。

ブライダル情報が掲載されている雑誌の「ゼクシィ」は専門分野に特化した雑誌の例です。

結婚関連の広告を出稿するのに適しています。

新聞広告は、雑誌広告のように専門的にターゲットを絞ることは出来ませんが、1部あたりの広告費は比較的安くなります。

新聞広告と雑誌広告は、それぞれ一長一短があると言えるでしょう。

まとめ:新聞広告には多様な料金プランが存在します

コスト

新聞広告の費用についてご紹介してきました。

新聞広告の費用を決定するのに以下のポイントが重要です。

  • 新聞広告は段で計算される
  • 新聞広告を出す場所には、記事下広告突き出し広告記事中広告記事ヨコ下広告の4種類がある
  • 新聞広告の費用は、数万円~数百万円と非常に幅広く多様なプランが存在する
  • 雑誌広告よりも新聞広告の方が割高だが、1部あたりの広告費はむしろ安い

新聞広告にはたくさんの料金プランが存在します。

一見複雑でわかりにくく思えますが、上手に使いこなせば比較的、安い広告費で高い効果を生み出すことも可能です。

新聞広告への掲載を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。