資料ダウンロードはこちら

費用対効果は抜群!?成功に導く新聞折り込みチラシ設計

新聞折り込みチラシは、販売を促進する強力なツールです。

新聞折り込みのセール情報を見て、スーパーマーケットを訪れた経験はありませんか。

他にも、
「ラーメン店のチラシを見てお昼ごはんに寄ってみる」
「家電量販店の新規オープンチラシを見て、週末に訪れる」など。

折込チラシはユーザーの行動を促します。

最近はネット広告市場が拡大していますが、新聞折り込みチラシの効果は未だに力強いです。

この記事では、以下に関して解説します。

  • 効果的なチラシの作り方
  • チラシ出稿の準備
  • チラシ出稿の際に注意すべきこと

この記事を読むことで、費用対効果が抜群な新聞折り込みチラシ作成の助けになります。

新聞折り込みチラシの強み

チラシの強みは地域密着型サービスと信頼性です。

チラシの強みの理由を解説します。

新聞折り込みチラシは地域密着型サービスと相性が良い

新聞折り込みは、地域密着型のサービスと相性が良いと言われています。

チラシをチェックするユーザーは、掘り出し物を探す感覚でチラシを読むからです。

「近所のあのパン屋さんで、新作パン発売のチラシが折り込まれていたから、売り切れ前に行こう。」

これがチラシを見たユーザーの購買行動です。

行動を促すきっかけは、パンの魅力以上にすぐに行ける立地。

反対に少し遠いだけで、ユーザーは行動に移さなくなることもあります。

新聞折り込みチラシは、チェーン店やITサービスなど全国の人々が対象となるサービスよりも、地域に根差したお店やサービスの販促への強みが特徴です。

ネット広告と比べて信頼性がある

新聞折り込みチラシのコンテンツは、信頼性が高いイメージがあります。

チラシ広告は内容が審査される上、記載できる量が決まっているので、正確な情報をコンパクトにまとることができるからです。

一方でネット広告の審査は簡易的に行われるため、記載内容の規制は比較的に緩い傾向にあります。

ネット広告の利点としては、出稿にかかる費用が安いことです。
出稿に対してのハードルが低く感じられます。

ページのスペースに上限がないので、長くて、購買意欲をそそるコンテンツが多いのもネット広告の特徴です。

新聞折り込みチラシのターゲット層

新聞購読者は属性がはっきりしているので、チラシのターゲットが絞りやすいです。
新聞折込チラシのターゲットとなる3つのグループを紹介します。

  • 40歳以上
  • 富裕層
  • 高齢者

それぞれ、見ていきましょう。

①40歳以上

40歳未満の方はネットで情報を得ている方が多いですが、40歳以上は新聞から情報を得る方が一定数います。

実際に、MMD研究所が調査した年代別の新聞購読率をご紹介します。

MMD研究所では20歳から49歳までのビジネスマンを対象に、新聞を定期購読する人の割合を調査しました。

年代別に見ると、

  • 25~29歳:42.9%
  • 30~34歳:49.0%

20代後半から30代前半の半数以上が、新聞を購読していないという結果に。

一方で40代以上を見てみましょう。

  • 40歳~44歳:63.2%
  • 45歳~49歳:67.4%

40代以上は全体の過半数以上が、新聞を定期購読しています。

(参考:ITmedia

調査から、高齢な方ほど新聞で情報を得ている傾向がわかりました。
よって、40歳代以上がターゲットの業種は、新聞折込チラシが適していると考えられます。

②富裕層

所得が高い方ほど新聞を購読する傾向にあります。

2016年に株式会社キャリアインデックスが、年収と新聞を読む人の割合に関する調査「CareerIndex年収・転職 実態調査」を実施。

結果によると、年収1,000万円以上の人の92%が新聞を読んでいることが分かりました。
そして年収が下がるにつれて、新聞購読率は低いという結果に。

(参考:MONEYzine

ネット情報は膨大な情報量が魅力ですが、新聞はコンテンツの正確さが特徴です。
また新聞の記事は優秀な記者が独自取材をし、責任を持って公表しています。

正確さや信頼性から、所得が高い人ほど新聞から情報を得る傾向だとわかります。

③高齢者

高齢者はアナログなコンテンツから情報を得ることが多くあります。

日本新聞協会が2018年度に調査した結果を見てみましょう。

新聞を毎日読む年代は、50代以上で7割を占めています。

  • 50代:19.8%
  • 60代:28.1%
  • 70代:22.2%

(参考:2018年新聞オーディエンス調査 概要リポート

50代以上の人にとってチラシは広告ではなく、地域の大切な情報源です。

地域のスーパーマーケットや介護施設などが広告を出すなら、新聞折り込みチラシが最適でしょう。

効果的な新聞折り込みチラシを出稿する流れ

新聞折り込みチラシを出稿する流れは、どのようになるのでしょうか。

チラシ出稿の最終的なゴールは売上を上げることです。
ここでは費用対効果を考慮した、チラシ出稿の流れを解説します。

①新聞折り込みチラシ出稿の目的を決める

チラシには即効性を求めるチラシと、認知を求めるチラシに分類されます。

最初に、何の目的でチラシを作成するかを決めましょう。

即効性を求めるチラシは、チラシやクーポンなどを記載して即時来店を促します。
一方で認知を求めるチラシは、お店の事業紹介などでお店の名前を知ってもらいます。

どちらの目的かによってコンテンツ内容や戦略に影響するため、まずはチラシを出稿する目的を固めましょう。

次に、チラシ出稿の目的に沿ってコンテンツやデザインを決めます。

即効性を求める場合は「3日間限定セール!」や「今月利用可能なクーポン配布」などのお得情報が重要です。

即効性を出すために、行動を促すキャッチコピーが効果的。
目立ったインパクトあるデザインがよく使われます。

一方で認知を求めるチラシの場合は、会社情報や会社の想いなど、会社情報が重要です。
認知を求めるチラシは、読みやすいデザインが重用されます。

チラシの目的によって、コンテンツの内容やデザインが変わることがわかりました。
即効性が必要なのか、認知性を重視するのかを最初に設定しましょう。

チラシのデザインはデザイン会社に依頼もできますが、自分で作成することも可能です。

②印刷会社に依頼する

作成したチラシ原稿を、印刷会社に依頼します。

地元の印刷会社やネット印刷対応可の印刷会社に依頼して、必要枚数分のチラシを印刷してもらいましょう。

紙の素材や厚みなどが同じであれば、どの印刷会社でも基本的には同じ仕上がりになります。

コストや納期を基準にして、印刷会社を選定しましょう。

新聞折込チラシの配布エリア、配布する曜日を決める

配布するエリアや曜日は慎重に選びましょう。

いつ、どこで配布するかによって折込チラシの効果が変わります

  • 業種
  • 平日or休日
  • ターゲットユーザーが住むエリア

を考慮して配布依頼をしましょう。

配布エリアを決める

配布エリアは効果を大きく左右します。

ターゲットでない層に広告を配布しても、効果は見込みづらいため、配布エリア選定は重要な作業です。

学生が住むエリアに、高級自動車のチラシを配布してもあまり効果は見込めません。

ターゲットを意識して配布エリアを決めるようにしましょう。

配布する曜日を決める

新聞を読む時間帯は、朝の6時から9時がメインです。

ターゲットが平日に行動する時間帯は、仕事時間を考慮すると18時~21時頃と考えられます。

一方で週末に行動する時間帯は、お昼過ぎから16時までがメインです。

そのため、居酒屋などの業種は平日の新聞に折り込むと効果が出やすいと考えられます。
家電量販店やファミリーレストランなどは週末に折り込むと効果が出やすいでしょう。

ターゲットが行動する時間帯から逆算して、曜日選定をおすすめします。

新聞折り込みチラシ配布にかかる費用

印刷済みチラシを配布する際にかかる費用は、配布料や折り加工が加わる場合があります。

予算内で折込広告が出せるように、あらゆるコストを考慮してチラシを作成しましょう。

配布料

配布料とは1枚当たりの配布費用です。

エリアによってばらつきがありますが、裕福なエリアほど配布料の単価は高い傾向にあります。

考えられる理由は、購買効果が見込みやすいからです。

費用対効果を意識してエリアを決めましょう。

折り加工

折り加工とは新聞のサイズに合わせてチラシを折る作業です。

チラシは新聞サイズに合わせて配布する必要があるため、サイズによっては折る必要があります。
折り加工が加わると、コストがかかってしまうので注意しましょう。

基本的には、B4サイズまでは折り加工が不要です。
しかしB4以上の大きさになると、折り加工のコストが発生することも

新聞折り込みチラシの費用を抑える2つのヒント

新聞折り込みのチラシは、出稿にまとまった費用がかかります。
厚紙を使用するなどのオプションを付けると、予算内に抑えられない可能性があります。

最初はできるだけコストを抑えて、成果が上がればオプションを増やすのがおすすめです。

コストをおさえる2つのヒントを紹介。

厚紙は使わない

通常のチラシよりも厚い厚紙は1枚当たり通常配布料0.5~1.0円ほど高くなります。

厚紙の定義は配布会社によって異なるので、配布依頼予定会社の厚紙サイズを事前に調べておきましょう。

印刷用紙を厚紙にしてしまうと、配布料が追加でかかってしまいます。
よってチラシ印刷段階の時点で、厚紙は控えるようにしましょう。

配布管理料を事前に調べる

配布会社によっては配布管理料が発生する場合があります。

チラシ1枚あたり、0.05~0.1円発生するケースが多く、配布料とは別コストです。

人件費や諸経費の高まりによって、配布管理料を導入する会社が増えているので依頼する前にしっかりと調べておきましょう。

まとめ:コストを抑えて戦略的な新聞折込チラシの設計を!

チラシ作成で大切なのは、チラシ出稿の目的を明確にすることです。

  • 即効性を求めるチラシ
  • 認知を求めるチラシ

最初に、どちらのチラシを出稿するかを決めましょう。

何度か出稿を重ねると、チラシ出稿のコツがつかめるようになります。
ブラッシュアップを重ねて、戦略的にお店やサービスに合った効果的なチラシ設計をしましょう。