オフラインで通販に集客する方法6選!効果を上げる方法も解説

通販はインターネット上の広告やCMなどオンラインからの集客しかできないと思ってはいませんか?

実は、オフラインから通販に集客することも十分可能です。

今回の記事では、以下を解説します。

  • オフラインで通販に集客する具体的な方法6つ
  • オフラインで集客を行うメリット
  • 更にオフラインで集客をする際、効果を上げる方法

オフラインの集客方法について正しい知識をつけ、ぜひ有効活用してみてください。

オフラインで通販に集客する方法6つを解説

インターネットを使わずにオフラインで通販に集客するには、主に6つの方法があります。

  1. イベント
  2. 折り込みチラシ
  3. 雑誌や新聞
  4. テレビCM
  5. 看板
  6. ラジオ

どうやってそれぞれの方法で通販に集客していくのか、具体的に解説していきましょう。

①イベント

ショッピングモールやスーパーで、体験型の商品紹介をしているところを見たことがある人は多いでしょう。

実は、イベント経由で通販に集客する方法は、通販自体のファンを増やす方法として非常に有効です。

実物を見て、手に取って試すことができるのはイベント集客の大きなメリット。

イベントの集客では特に下記のような家電を認知して欲しい時に有効です。

  • キッチン用品
  • ウォーターサーバー
  • 掃除機 など

少し高くて実際に購入するには少しためらうくらいの商品だと、手に取ったり実物を見たりすることでグッと購買意欲を高めることができます。

実物を見て購入できない通販の弱点を上手くカバーできる方法です。

高額商品や大型商品でなくても、新しく発売する製品をPRして、通販の認知を上げるためにイベントを活用しても良いでしょう。

②折り込みチラシ

折り込みチラシは、通販への集客に親和性が高い方法です。

新聞に折り込まれて、契約している各家庭に届くのでポスティングでチラシを配布するよりも安価に配布できる点がメリット。

特に新聞をじっくり見る機会が多い主婦や高齢層をターゲットにした商品を販売したい場合は、折り込みチラシが有効です。

また、1度だけでなく繰り返し行うとより効果的

折り込みチラシはユーザーが商品を欲しいと思っているタイミングで手元に届くことが重要です。
1度きりでなく複数回行うことで、ターゲットが欲しいと思うタイミングに広告を届けられる確率が上がります。

以下は、通販を折り込みチラシで集客する場合の効果的な6つのジャンルです

  1. 健康食品、通販コスメ
  2. 健康器具
  3. 寝具
  4. 衣類
  5. アンチエイジング
  6. エステ

全てのジャンルに共通して言えるのは、今すぐに必要ではないが、あったらより生活が豊かになるものですね。

また、折り込みチラシから通販に集客するときは、必ずわかりやすく電話番号を掲載しましょう。
他にもWebサイトにアクセスできるようにQRコードを載せると親切です。

ユーザーがチラシを手に取った時、すぐに注文できる体制を取っておくと購買意欲がある層を取りこぼしません。

③雑誌や新聞

雑誌や新聞内の一部のスペースを活用して、通販の広告を出稿することができます。

雑誌や新聞の場合は、その媒体を購入する必要があります。
他の媒体と違って、広告のターゲットとなる層がお金を払って情報を見ているところがポイント

ターゲットは雑誌や新聞の情報に対して、お金を払ってでも見たいと思っているので、関連する商品に対しても購買意欲を抱きやすいです。

他の広告とは違い、ある程度ジャンルを絞って効果的に広告を出稿することが可能になります。

  • 美容系の雑誌なら、日頃から美容に興味を持つ人に
  • 釣り専門誌なら、釣りの道具やアウトドアウェアに興味を持つ人に
  • 経済新聞なら、金融関係に興味がある人に
  • 競馬新聞やパチンコ情報誌なら、ギャンブルやお酒が好きな人に

など、細かくターゲットを絞り込んで集客することが可能です。

二ッチな商品などかなり購買層が限られているようなジャンルの場合は、雑誌や新聞の広告スペースで集客をすると良いでしょう。

他の方法で効果がなかったのにも関わらず、雑誌や新聞で思ったよりも反響が出たケースというのはよくあることです。

④テレビCM

テレビCMを利用して通販に集客することも可能。
他の方法に比べてコストが高くなりますが、一度に多くのユーザーに広告を届けることができます

今はテレビよりもYouTubeなどの動画サイトで動画視聴をするユーザーが増えており、テレビ全盛期よりは利用者も減少。

しかし、それでもまだまだテレビCMの影響力は強くあります。

特に40~50代の主婦層や、60~70代のシニア層はテレビを視聴している人も多く、これらの層をターゲットにした商品を販売する場合はテレビCMを利用するのも有効です。

テレビCMから通販に流入させたい場合に注文を受ける方法は、主に電話かWebサイトの2通り。
電話で注文を受けるならテレビCM放映直後は、一時的に注文が殺到して回線が混雑する可能性もあります。

電話の代行業者に依頼して一度に受付できる人数を増やし、購買意欲のあるユーザーからの注文を取りこぼさないようにする必要があります。

⑤看板

オフラインで通販に集客する方法として、看板の設置も効果的です。

オフィスの前に自社製品の看板を設置して、購入はこちらからと通販サイトへのQRコードを貼っておいても良いですし、高速道路から見える大きな看板も良いでしょう。

例えば、働き盛りのサラリーマンをターゲットにした商品であれば、電車の駅構内に設置してある看板もおすすめです。

一度看板を設置したらしばらくは、同じ場所を通る人に繰り返し見てもらうことができるので、商品への認知が高まりやすく、潜在的なお客さんを育てることにもつながります。

看板は、広告を届けることができるユーザーの数が他の媒体よりよも少ないです。
しかし比較的コストが低い点と、看板からWebサイトに流入したり、看板を見て電話をかけてきたりする人は購買意欲が高い傾向があります。

⑥ラジオ

ラジオは、活用しているユーザーが現在でも多く、通販の集客と相性が良い媒体です。
ラジオを特に好む層としては、以下が推測されます。

  • 運転手などの両手がふさがってしまう職に就いている
  • 主婦層
  • シニア など

ダイエット関連商品や健康食品を販売したいならお昼時がおすすめ。
家事がひと段落してゆっくりお茶をする主婦を狙うと良いでしょう。

カー用品やレジャー用品を販売したいなら、早朝もしくは夕方らいのサラリーマンの出勤時や帰路についているタイミングで放送すると効果的です。

テレビCM同様に、ラジオCMを放送するタイミングによって集客の効果が変わります

オフラインで通販の集客をするメリット

オフラインで通販に集客するメリットは主に次の2つです。

  1. ネットが不得意な層にアプローチできる
  2. 物が残るので後からの問い合わせにつながる

それぞれ詳しく解説していきましょう。

①ネットが不得意な層にアプローチできる

紙媒体やテレビCM、ラジオなどをオフラインでの集客は、ネットに苦手意識を持つ不得意な層に対して非常に効果的にアプローチできます。

特に50代以上の高齢者になると、ネットの利用に対して苦手どころか嫌悪感を抱いていることも。
そもそもスマートフォンを持っていないのでWebサイトにアクセスできないといった状況もあり得ます。

ネットが不得意な層には、オンライン広告よりも雑誌や新聞などの紙媒体やテレビCMを活用して見ましょう。

②手元に物が残るので後からの問い合わせにつながる

折り込みチラシや新聞、雑誌などで通販に誘導する広告を出稿した場合、チラシや新聞などの広告が掲載されている物自体が手元に残ります。

広告の掲載期間が終了した後でも、チラシや新聞の切り抜きなどを手元に保管していることで、後からの問い合わせや購買につながることも。

掲載期間が終了したら2度と表示されなくなる、オンライン広告との明確な差であり、メリットです。

オフラインで通販へ集客する際効果を上げる方法

オフラインで通販に集客する際、より効果を上げる方法を2つ解説します。

  1. クーポンをつける
  2. 定期的に効果測定を行う

それぞれ詳しく解説します。

①クーポンをつける

紙媒体やテレビCMなどのオフラインで集客をする際、通販に興味を持ってもらうためには、独自のクーポンを発行するのがおすすめです。

例えば、『新しく布団の通販をオープンしました』と文言を打ってチラシをつくり、ポスティングを行います。

「布団を今すぐ買い換えたい!」と思っている層にはこれだけの内容でもアクセスしてもらえるかもしれません。

「まぁいずれ今ある布団がダメになったら買い替えようかな」と思っているくらいの層は通販までアクセスする可能性は少ないです。

しかし、『初回限定!布団1組50%OFF!クーポンコード【coupon】』とクーポンをつければ、「安くなるんだ!アクセスしてみようかな」という気持ちになります。

ただオフラインで集客をするのではなく、クーポンをつけることでより購買意欲がアップし、購入してもらえる確率が高まるのです

②定期的に効果測定を行う

紙媒体やラジオ、テレビCMなどのオフライン広告を利用して集客した場合は、定期的に効果測定を行うのがおすすめです。

効果測定により目標とする集客数を明確に設定して集客すれば、広告を非常に有効的に活用できます。

  • 期間
  • ジャンル
  • 内容
  • ターゲット など

以上の項目を明確にした上で、出稿した広告がどれだけの反響を得たのかをその時々で記録ておくことが重要。
効果測定は、自社で集客していく上で大切なノウハウになります。

広告出稿から効果測定のノウハウを積み重ねていくことで、次回のターゲットや広告媒体の決定が可能。
費用対効果なども併せることで、効果的な広告出稿につながります。

オフライン広告で通販へ効果的に集客しよう

届いた商品を確認する女性今回ご紹介したオフラインで通販に集客を行う方法は、以下の6つです。

  1. イベント
  2. 折り込みチラシ
  3. 雑誌や新聞
  4. テレビCM
  5. 看板
  6. ラジオ

自社の商品に合った方法を選ぶことで、効率的に集客することができます。

更にクーポンを付けたり、出稿した広告については定期的に効果測定をしたりすることで、広告の効果を高めることも可能です。

特にインターネットを苦手とする層をターゲットに集客したい場合は、オフラインの集客が非常に効果的
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。