資料ダウンロードはこちら

売れるキャッチコピーでインパクトのあるチラシを作る3つの方法

「折込チラシの反響率を高めたい!」
「他社のチラシと差をつけたい!」

などの悩みはありませんか。

広告のオンライン化が急速に進む中でも、いまだに折込チラシは消費者の行動喚起に繋がりやすいとの調査結果が出ています。

しかし紙媒体の場合、制作費に加え更に配布や印刷代などの経費がかかります。

チラシの費用対効果を高めるために、どうすれば良いかと考えている広告担当者も多いのではないのでしょうか。

そこでこの記事では、インパクトのあるキャッチコピーを作る方法や、レイアウト法、更にはチラシの将来性についても解説していきます。

強いメッセージ性のあるチラシを作り、費用対効果の高めていきましょう。

インパクトのキャッチコピーでチラシの反響率を高める3つの方法

チラシを作る要素の中でキャッチコピーは、セールスにおいてもブランディングにおいても非常に重要です。

キャッチコピーで一瞬にして消費者に訴えかけることができ、商品の印象を残すことができます。

実際に人がチラシを見て「あ、これ興味ある!」「これは興味ないな」と判断に要する時間は、なんと3秒以下だそうです。

そのため消費者がチラシをパッと見た瞬間に、いかに印象に残るを言葉を出すかが、チラシを制作する上でとても重要です。

今回はそんなインパクトのあるキャッチコピーを作るための、3つの方法を紹介していきます

法則1:特定のターゲットを狙ったキャッチコピー

特定のターゲットを狙ったキャッチコピーは、狭い射程圏内でありながらも高いエンゲージメントを生み出します。

狙いたい消費者の性別・年齢・環境をしっかりとイメージし文章にすることで、より特定の人に刺さるメッセージを作り出すことができるからです。

例を挙げてみます。

エイジングケア基礎化粧品の場合「50代からはじめるエイジングスキンケア」と消費者を限定しています。

既に50代を迎えている方や、これから50代を迎える40代後半の女性に向かって強いメッセージを作り出すことが可能です。

引用:サントリーウエルネスOnline

ターゲットを絞ることで、消費者がチラシを手に取った時に自分事として捉え、インパクトを受けることで購買意欲に繋がります。

法則2:キャッチコピーでネガティブに訴えインパクトを強める

インパクトのあるチラシを作る上で、消費者の持つ不安や不満に訴えかけたキャッチコピーは非常に効果的です。

「インパクトを与えるために、ネガティブな感情に訴えかける」と言うと聞こえは悪いですよね。

しかし実際に消費者が不安に思っていることや解決したいことに対し、解決策を提示できるのが「ネガティブに訴えインパクトを強める方法」です。

世の中の多くの人は、漠然とした不安を抱え、問題に対する解決方法を無意識のうちに探してます。

不安と解決方法を言語化することで、相手の心に突き刺さるキャッチコピーが作れます。

例えば年末年始にダイエットサプリを販売したい場合、「正月太りが怖い、そんなあなたへ。」と作るとしましょう。

消費者のダイエットに対する不安と合わせて、時期を限定することでリアリティのあるキャッチコピーとなります。

人々の不安や不満に語りかけることで消費者は問題を解決する手段として、消費行動に移ります。

法則3:数字でインパクトを与え信頼性を高めるキャッチコピー

チラシに数字を明記することで、情報の信頼性を高めることができます。

自社の成果を数値で示すことで信憑性が上がり、消費者に安心感を与えることができるからです。

具体的には

  1. 「国産原料100%」などの製品の特徴
  2. 「満足度90%以上」などのアンケート結果
  3. 創業年数や経営実績

などを数値化し記載することです。

そして多くの広告が飛び交う中で、インパクトのある数字で信用を獲得し、より多くのファンを得ることができます。

チラシは配置・配色が命!インパクトの高いレイアウトやデザインの作り方

キャッチコピーの次に、インパクトのあるチラシを作る上で重要なのがレイアウトです。

せっかく良いキャッチコピーを作っても、レイアウトによってその効果が大きく分かれます。

良いキャッチコピーが出来たとしても、他の情報と混ざって読みにくく、紙面の中で存在感がなければ読まれません。

読まれるキャッチコピーを作った後は、読まれるレイアウトを生み出す必要があります。

キャッチコピーを独立させてインパクトを出す

瞬時に情報が目に入ってくるように、キャッチコピーは独立させ、目立たせましょう。

キャッチコピーによりインパクトを与えることができ、消費行動に繋がる第一歩「読ませる」ことにつながります。

遠くからそのチラシを見ても、キャッチコピーがわかる位の大きさだとベストです。

実際にキャッチコピーの紙面上の割合を約1/3以上にしたところ、反響率が大幅に上昇したケースもあります。

チラシはまずは見てもらうことが大事です。
そのまま捨てられないよう、伝えたい言葉は大きく、分かりやすく記載しましょう。

チラシに文字フォントや色は使いすぎない

イメージカラーやフォントは使いすぎず、統一感を持たせるさせることで、より目に留まりやすいチラシを作ることができます。

そうすることで、商品のイメージがより明確に伝えることができるからです。
更に消費者にとっても、見やすいデザインになります。

例えば「高級感」というイメージを作りたい場合、フォントは明朝体を基本に、カラーは金属色や低明度の色をベースにすることで表現することができます。

「親近感」を伝えたい場合は、ゴシック体を使い暖色系をベースとしたカラーリングにすると良いでしょう。

特にターゲット層が女性の場合、商品を全体のイメージで捉える傾向があります。

自社の商品を正しくアピールする上でも、イメージカラーやフォントは統一しましょう。

余白を使って見やすいチラシに

余白を上手く使うことで、チラシ全体のスッキリと見え、キャッチコピーがより伝わりやすいデザインとなります。

インパクトのあるキャッチフレーズや配色を作っても、読みにくければ手に取ってもらえません。

左右の余白幅を、紙面全体の1/6から1/7に設定するのが良いとされています。天地の余白は、左右の余白幅に対して2割増位がベストです。

引用:詰め込み禁止!センスある余白使いの極意とは?株式会社ルシダス

あえて圧迫感を出したい、余白をたくさん使って思い切ったデザインにしたいというケースもあると思います。

その場合は読み手が読みやすいということを大前提に、デザインによって余白を調整すると良いでしょう。

折り込みチラシのデザインに関してはこちらの記事でも紹介しています。

折込チラシの戦略的デザインと即効性を高める3つのコツ

オンライン広告よりインパクトに残る!?チラシの将来性!

WEB広告が溢れる現代でも、マーケティングにおけるチラシの効果は健在です。

視覚刺激だけのインターネット広告に対し、チラシは実際に手に取って見ることができます。

チラシの効果を裏付ける調査は多くあり、結果から有効性が確認が可能です。
実際の調査結果を見ながら、チラシの持つ可能性と将来性を解説していきます。

根強く残る折込チラシのニーズ

オンライン広告が主流となっても、根強く存在感を残しているのがチラシなどのオフライン広告です。

新聞折込チラシに対する好感度を調査した結果では、折込チラシを「大好き」「どちらかといえば好き」と答えた男性はなんと全体の半数以上の63%でした。

「新聞折込チラシに対する好感度の調査」では女性の89.7%が「大好き」「どちらかといえば好き」と回答し、約全体の9割にも達しました。

WEB広告に引けを取らない、チラシの広告効果がこのデータから読み取れます。

インパクトのある折込チラシの持つ可能性

未だに多くの消費者が折込チラシを見て、商品を購入しているとう事実も、「新聞折込チラシに対する好感度の調査」で判明しています。

多くの消費者はチラシやWEB広告を含めたいくつかの媒体から、自分で情報を比較して商品を購入しています。

実際に「いくつか見比べて納得したものを購入」「チラシやWEBなどで、一番安いものを購入」を合計した数値はいずれの世代も80%近くです。

WEB広告に劣らず、チラシは消費者の選択肢にしっかりと残っています。

引用:流通小売業における折込チラシ広告の効果構造

チラシでしか出せない「質感」という武器

視覚以外の部分でもインパクトを残せるのが、チラシの特徴の強みの一つでもあります。

その強みとは「質感」の表現です。

チラシを印刷する際に、コート紙、マット紙、上質紙などから選ぶことができ、紙の種類や厚さによっても与える印象が大きく変わります。

好みにもよりますが、上質に見せたいならマット紙、派手さを狙いたいならコート紙が効果的です。

見るだけではなく、見て触れて感じた情報は、手に取った人の心にWEB広告にはないインパクトを残すことができます。

ABテストでチラシのインパクトを検証!

ABテストとは、デザインやキャッチコピーの異なる2パターン以上の制作物を用意し、両者の反響率を同じ期間中に検証するテストです。

良いチラシが出来た!

と思っても、1パターンで勝負するのではなく、最初は必ずABテストを行いましょう。

ABテストを行うことで、より費用対効果の高いチラシを分析し、マーケティングの精度を高めていくことが可能です。

例えば、居酒屋のチラシを作るためにキャッチコピーを2つ用意します。

  • ビール1杯無料
  • 飲み放題10%オフ

次に「ビール1杯無料」「飲み放題10%オフ」両方のチラシを、同時期にリリースします。

そして、反響率がより高いチラシを検証します。

より反響率が高いチラシのキャッチコピーが、より売れるキャッチコピーです。

ABテストはレイアウトや配色の検証にも使えます。

ABテストを重ねることで「売れるレイアウト×売れる配色×売れるキャッチコピー」という様に、「最も売れる組み合わせ」を作り出すことが可能です。

物理的にも視覚的にインパクトのあるチラシ制作を!

この記事ではインパクトのあるキャッチコピーの作り方やレイアウト法、チラシの将来性や、検証の必要性について解説しました。

チラシ制作で重要なのは、一瞬のうちに消費者の興味を惹きつけるインパクトです。 

数えきれない情報が溢れる現代で、人々は物凄い速さで情報の選別を行っています。

その選別の中で、すぐに捨てられてしまうチラシでは勝負ができません。

特定のターゲットをしっかりと狙い、確実に相手の心をつかみ、ニーズに対して必要な情報をみただけですぐに伝えるインパクトが必要です。

インパクトのあるチラシを制作し、費用対効果高めていきましょう。