デジタル社会で勝ち抜く効果的なチラシ集客法

「素晴らしいサービスを提供しているのにお客さんが集まらない」

「新規オープンしたお店を知ってもらうために広告をしたいがどれにすればよいかわからない」

このような集客の悩みをお持ちではありませんか。

ビジネスにおいて、集客は重要な課題なので日々頭を悩ませている経営者の方も多いと思います。

この記事では集客に悩んでいる方にチラシの効果的な集客について紹介します。

  • チラシ集客が効果的な理由
  • チラシは店舗ビジネスと相性が良い理由
  • チラシの集客のために効果的なチラシの配り方

チラシ集客の価値を理解し、チラシで広告を作りましょう。
チラシで効果的な集客を考えている方はぜひ最後まで読んでみてください。

チラシ集客が効果的な理由


チラシを使った集客には戦略が大事です。

ありきたりなやり方だと広告効果は薄いので、事前に戦略を立ててチラシ広告を実践しましょう。

まずチラシの集客が効果的な理由をお伝えします。

40歳代以上の年齢層に強い

チラシは40歳代以上などの一定層に強い媒体なので、商品のターゲットが40歳代以上であれば広告効果が出やすくなります。

例えばチラシ配布の代表格である新聞折込について、MMD研究所が調査した25歳~49歳のビジネスマンを対象にして年代別の新聞購読率を見てみましょう。

20代後半から30代前半の半数以上が、新聞を購読していないという結果になりました。
一方で40代以上を見てみましょう。

  • 40歳~44歳:63.2%
  • 45歳~49歳:67.4%

40代以上は全体の過半数以上が、新聞を定期購読していますね。
40歳代以上は新聞の購読者が多いのでその分、折込チラシをご覧になる回数も多くなるでしょう。

ターゲットを絞ればチラシは強力な集客ツールとなります。

(参考:ITmedia

保管率が高い

チラシは保管ができるので時間差のリアクションが期待できます。

チラシは物理的な紙としてユーザーの手元に届きますが、ユーザーが忙しい時はすぐにチラシを見てもらえませんよね。

しかし、保管しておけばチラシはいつだって見てもらえます。

例えば朝刊に折り込んだチラシは朝読まれないかもしれませんが、夜にひょんなことからユーザーの目にとまるかもしれません。

地域メディア誌に折り込んだチラシも、数日後にたまたまユーザーが見るかもしれませんね。

チラシはモノとして存在するのでチラシを受け取った後にも見てもらうチャンスがあります。
保管できるのはチラシ広告の強みと言えるでしょう。

視認性が高い

チラシは視認性が高いので最後まで読んでもらえる可能性が高い広告媒体です。
チラシはA4やB4サイズなので情報量も膨大に多くはありません。

ユーザーがチラシを手に取ったときに興味を持ってもらえれば最後まで読んでもらえます。

結果的に購買行動にもつながる可能性も十分にあるでしょう。

折り込みチラシのデザインに関して以下の記事がおすすめです。

折込チラシの戦略的デザインと即効性を高める3つのコツ

コストが安い

総合的に見てチラシはコストが安いので販促費用を抑えられます。

例えばラクスルで新聞折込を依頼したとすると最少1,000部で6,400円から注文可能。
つまり印刷費用と折込費用合算で1枚あたり6.4円で新聞折込チラシができます。

折り込みせずに自分でポスティングするならポスティング費用はかからないので印刷費用だけです。
ただし、Webサイトの情報と実際に見積もりをした場合では金額が変わることがあります。

一般的に、雑誌広告では100万円前後ぐらい、Web広告も有名メディアなら100万円は必要です。
いかにチラシを使った広告が安価であるかが分かります。

(参考:ラクスルトップページ
(参考:WEB広告の費用相場を種類別にまとめ!費用対効果の高い広告も解説

親近感を出しやすい

同一の商圏内にチラシを出せば親近感がでるので購買率アップが期待できます。

同じ商圏内で生活をしている人に対して、人は親近感を持ちます。
例えば見ず知らずの人同士でも実は自宅が近所だったりしたら、その途端に仲良くなったりしますよね。

チラシも例えば自分のお店の半径1.0km以内のエリアだけに配布すれば、受け取る側も「あそこにあるお店ね」などと親近感を持ってチラシを見てくれることもあります。

商品を購入するときは、知らない遠方のお店より近くの知っているお店で安心して購入したいのがお客の心理です。

親近感は購買につながるのでエリアを絞ったチラシは効果的です。

チラシは店舗ビジネスと相性が良い


チラシは店舗型ビジネスと相性がいいのでおすすめです。

店舗型ビジネスというのは例えば飲食店やクリーニング屋さんなど、実店舗で運営するビジネスです。

店舗型ビジネスに対して、ユーザーは受け身ではなく、自分からお店に訪問します。
この訪問できる、会えるという行為が店舗型ビジネスの強みです。

会ってコミュニケーションを取ることで、お店を信頼して商品を買うようになります。
反対にチラシを見たけれども店舗がない場合は会えないので、親近感もわきません。

店舗型ビジネスは「チラシを見てからお店に行く」を1つのセットとして考えてチラシ戦略を立てると効果的です。

具体的にチラシと相性の良い店舗型ビジネス例を2つ紹介します。

①学習塾

学習塾を選ぶポイントは先生の教え方の上手さです。
チラシを見たお母さんと子供はまず学習塾を訪問するでしょう。

チラシの内容だけで契約をしない方が大半ではないでしょうか。
一度説明会に訪れて、学習塾の雰囲気や先生の教え方を確認します。

チラシを見て、説明会に行ってみるという流れが1つのセットです。

②スーパーマーケット

スーパーマーケットはチラシと相性が良いうえに即効性が高いビジネスです。

まず、チラシを見る層のスーパーマーケットの利用頻度は高いと考えられます。

朝刊チラシに当日の特売セール情報を掲載しておけば、チラシの内容をもとにその日にお客さんがくるのでチラシ効果がすぐにわかりますね。

チラシは3つの方法で配布し集客につなげる


チラシの配布方法は大きく3つあります。

  1. 新聞折込
  2. 地域メディア折込
  3. ポスティング

どの配布方法が良いかは、エリア特性によって異なるので試しながら進めていくことになるでしょう。

実際にチラシを配布するときに参考にしてください。

(参考:チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

新聞折込

新聞に折り込んでチラシを配布します。

新聞は公共性の高いメディアなので信頼性は抜群です。
値段が高い商品であっても新聞折込であればユーザーは抵抗なく受け止められるでしょう。

新聞折り込みに興味がある場合はこちらの記事も読んでみてください。

費用対効果は抜群!?成功に導く新聞折り込みチラシ設計

地域メディア折込

地域メディアに折り込んでチラシを配布します。

地域メディアは地域に密着したお店、例えば地元の居酒屋や整骨院などがマッチしそうです。
高級店よりもフレンドリーなお店のチラシが相性がいいですね。

ポスティング

ポスティングは自宅やマンションのポストにチラシを投函する配布方法です。

折り込みチラシだとユーザーがチェックを忘れて見過ごされる可能性もありますが、スティングだとそのままチラシが投函されているのでほぼ間違いなくユーザーは手に取ります

一目見た瞬間にユーザーの気持ちを捕まえられるかがポイントです。

チラシのポスティングに関する記事はこちらを参照してください。

チラシのポスティングは効果あり?反応率を上げるコツを紹介

チラシの集客を効果的に行うステップ3


チラシの集客を効果的に行うには戦略を立てる必要があります。

やみくもにチラシで集客をしようとするとコストだけが発生してしまい、見合った成果が見込めません。

集客を効果的に行うために3ステップでチラシ広告を行いましょう。

ステップ1.ターゲットに合った商圏に絞る

ターゲット層がいる商圏に絞ってチラシを配布することで売上アップが期待できます。

予算に合ったチラシ集客を実現するには、まずターゲットを絞りましょう。

自社商品のターゲット層が多く住むエリアにチラシを配布することでまずはターゲットとなりえる層に商品を知ってもらえます。

もしかしたら1回目のチラシで何かしらの反応もあるかもしれません。

ステップ2.同じ商圏に何度も配布する

ステップ1で絞った商圏に何度もチラシを配布して、ユーザーと接触回数を増やしましょう。

1度のみチラシを配布して即連絡してくれるお客さんは多くはありません。

「こんなお店があるんだ」ぐらいの感覚で終わるお客さんがほとんどです。

しかし、ここでチラシの配布をストップすると1度目のチラシ配布が水の泡。
2度、3度同じエリアにチラシを配布し続けることでお客様に認知されます。
認知されれば、いざというときに訪れてくれるはず。

1回分の予算しかないのなら、さらに商圏を絞って1回分の予算を3分割し、同じエリアに3回チラシを配布した方が効果的です。

繰り返しチラシを配布するのは大事と言えるでしょう。

(参考:チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

ステップ3.キャンペーンを変えて配布する

ステップ1とステップ2を実践してもうまくいかないときは、チラシの内容を変えて集客を図りましょう。

特に大事な点はキャンペーン内容です。

お客さんの中には商品に興味は持っているけれど最後の一歩を踏み出さない層がいます。
躊躇している層を決断させるには大々的なキャンペーンが必要になります。

例えば居酒屋さんが「生ビール1杯プレゼント」というキャンペーンを打っていても反応がない場合。
「生ビール1時間無料飲み放題」にするなど大胆なキャンペーンを次々に行いましょう。

キャンペーンのアップデートを繰り返せば徐々にお客さんは増えてきます。

チラシの効果を測定する方法

チラシの効果測定は効果が良くても悪くても、次に生かすためにとても重要です。

チラシの効果を具体的な数値として割り出すのは難しいですが、効果測定の方法はいくつかあります。

ぜひ実践してみてください。

チラシ持参キャンペーンを行う

「チラシ持参で500円OFF」というキャンペーン内容にすればチラシの効果で集客できたか、そうでないのかが分かります。

オフラインのキャンペーンはなかなか測定が難しいので、チラシ持参キャンペーンはあらゆるお店が実践しています。

「チラシの内容を見た」でキャンペーン

チラシ持参に似ていますが、よりカジュアルな方法は「チラシの内容見た」と口頭で伝えればキャンペーンが適用されるというものです。

効果測定という意味ではこれでも十分ですね。

チラシからWebページでデータ登録

チラシからWebページであるLPへ誘導し、LPからのデータ登録で効果測定は可能。

データ登録の数が効果測定の項目になるからです。
これはオンラインとオフラインの合わせ技です。

仕組みとしてはチラシにLPのQRコードやURLを貼っておき、LPには入力フォームを設置しておきます。

LP内で「キャンペーンを受けたい方は名前、メールアドレス登録」とすればチラシの効果が測定できますね。

入力があった分だけチラシを見たことになりますので効果検証ができます。

また見込み客の情報が獲得できるという意味でもメリットはあります。

デジタル社会のチラシ広告は効果的に差別化できる

今はデジタルが主流の時代なので、広告においてもWeb広告を採用する企業が増えています。

しかしながら、地域を対象にした企業にとってはWeb広告よりもチラシの方が効果的なケースも。

とくに実店舗があるビジネスは親近感も与えられ、キャンペーン施策も実施しやすいのでチラシの方がメリットがあります。

また、Web広告に出稿する企業が多い中でチラシ広告をするということは他社との差別化にもなるでしょう。

やみくもにチラシを出稿しても、予算がかかるだけです。
戦略的にチラシを作成し、時にはキャンペーン内容を変えて、顧客を獲得しましょう。