今すぐ無料ダウンロード

折込チラシの効果が高いのは何曜日?配布する曜日の選び方

「折込チラシを使って販促や集客をしたい」
「できるだけ多くの人に折り込みチラシを見てもらって、より多くの成果を獲得したい」

と思っていても、

「折込チラシはどの曜日に配布するのが良いのだろう?」
「他社のチラシがたくさん折り込まれる中で自社のチラシは埋もれてしまうのでは?」

と考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、曜日ごとの折込チラシの特徴と、各曜日に適した業種について詳しく解説します。

記事を読むことで、以下の方法を理解し効果的に折込チラシを活用できるようになります。

  • 自社のチラシを何曜日に配布すればよいか
  • 他社チラシに埋もれてしまわない方法

それぞれ見ていきましょう。

【消費者目線】折込チラシの曜日ごとの傾向3つ

新聞に折り込まれて配布される折込チラシは、曜日によって下記の3つの傾向があります。

  1. 曜日ごとに折込チラシの枚数が増減
  2. 消費者が折込チラシを見る割合が曜日によって違う
  3. 消費者が折込チラシを見る時間は平日と週末で異なる

この章では、消費者目線での曜日ごとの折込チラシの傾向を紹介します。

①折込チラシの曜日ごとの枚数

各曜日の中で、土曜日が最も折込チラシの枚数が多い傾向があります。

曜日による折込チラシの枚数の傾向を下記の集計データの例から見てみましょう。

  • 調査した期間:2020年7月19日から9月9日まで
  • 調査した地域:大阪市淀川区
  • 調査した新聞:1紙

参考:新聞折込ならオリコミトライ

曜日ごとの折込チラシの枚数の平均

曜日 平均枚数 比率
月曜日 5.4枚 11.2%
火曜日 6.9枚 14.3%
水曜日 5.6枚 11.6%
木曜日 6.1枚 12.7%
金曜日 8枚 16.6%
土曜日 11.1枚 23.0%
日曜日 5.1枚 10.6%

折込チラシの枚数について、土曜日に折り込まれる枚数が他の曜日を圧倒しており、次いで金曜日の枚数が多いです。

また、週末の休日の前日となる金曜日と土曜日で、全体の約4割を占めています
金曜日と土曜日に折込チラシの枚数が増えるのは、次の理由が考えられます。

  • 土日に開催されることが多いイベントやキャンペーンへの来店・来場を促す
  • 土日は折込チラシを見てもらいやすい

曜日ごとの折込チラシの最大枚数

 

曜日 最大枚数 比率
月曜日 8枚 9.4%
火曜日 12枚 14.1%
水曜日 11枚 12.9%
木曜日 20枚 23.5%
金曜日 12枚 14.1%
土曜日 15枚 17.6%
日曜日 7枚 8.2%

木曜日の折り込み枚数が20枚と他の曜日より多いのは、集計した期間中の木曜日が連休初日に当たったからです。

このように、土日以外の曜日でも祝日・休日に当たれば折込チラシの枚数が増え、休日と折込チラシの枚数に関係性があることがわかります。

曜日ごとの折込チラシの最小枚数

曜日 最小枚数 比率
月曜日 4枚 19%
火曜日 3枚 14.3%
水曜日 3枚 14.3%
木曜日 2枚 9.5%
金曜日 2枚 9.5%
土曜日 6枚 28.6%
日曜日 1枚 4.8%

曜日ごとの最も折込チラシが少なかった枚数を抽出したデータですが、ここでも土曜日が他の曜日と比べてチラシの枚数が多いです。

②折込チラシを見ることが多い曜日は?

曜日ごとの折込チラシの枚数と、折込チラシを見ることが多い曜日には関係性があり、最もよく見られるのは土曜日です

また未婚者と既婚者とでは、折込チラシを見る曜日の傾向が異なります。

全体として土曜日にやや多く見る

調査対象の全体として、最も折込チラシを見る曜日は土曜日です。
そして日曜日、金曜日と続き、週末に折込チラシが見られていることがわかります。

未婚者は圧倒的に土曜日に多く見る

未婚者が折込チラシを見る曜日は、グラフのように曜日ごとに明らかな違いがあります。
各曜日の中で明らかに、土曜日がよく折込チラシを見られる曜日であることがわかります。

未婚者を対象として折込チラシによる広告宣伝を行うのであれば、土曜日の配布が最も効果が期待できるでしょう。

既婚者はどの曜日にも見る

既婚者は土曜日に最も折込チラシを見ますが、他の曜日も高い割合で見ています。

既婚者を対象に折込チラシによる広告宣伝を行うにあたっては、配布する曜日ごとの効果の違いは大きくはなさそうです

参考:チラシの折込の曜日と時間の傾向|ウェブプレス

③折込チラシを見る頻度と時間帯を解説

折込チラシをほぼ毎日見る人は半数以上で、70%以上の人が午前中に折込チラシを見る傾向があります。

ほぼ毎日見る人が半数以上

折込チラシを見る頻度 回答の割合
ほぼ毎日見る 56.9%
何日分かをまとめて見る 5.7%
たまに見る 22.8%
ほとんど見ない 11.7%
チラシは入っていない 1.9%
無回答 1.0%

新聞を購読している層に対して行われたアンケートから集められたデータです。
「ほぼ毎日見る」と「何日分かをまとめて見る」を合わせると全体の60%以上になります。

参考:新聞折込ならオリコミトライ

午前中に見る人が70%以上

折込チラシは圧倒的に午前中に見られる傾向があります
具体的な数値は下記の通りです。

  • 平日の午前中に折込チラシを見る割合:76.8%
  • 休日の午前中に折込チラシを見る割合:83.5%
平日の折込チラシを見る時間帯

平日は午前6時から10時までに折込チラシが多く見られています。
仕事に出かける前に折込チラシを見るためと考えられます。

休日の折込チラシを見る時間帯

休日は午前8時から正午までに折込チラシが多く見られています。
それには次の理由が考えられます。

  • 平日に比べて休日は朝起きる時間が遅い
  • 買い物などの外出前に折込チラシを確認する

参考:チラシの折込の曜日と時間の傾向|ウェブプレス

【出稿者目線】折込チラシの曜日ごとの特徴と業種

自社の広告宣伝を折込チラシで行うにあたっては、曜日ごとの特徴を理解することが必要です。

またそれぞれの曜日ごとに、適した業種の傾向があるので参考にしてください。

この章では、出稿者目線での曜日ごとのチラシの特徴を紹介します。

曜日ごとの折込チラシの特徴

折込チラシを配布する曜日ごとに、ターゲットや得たい成果が異なります。
月曜日から日曜日までそれぞれの特徴を解説します。

①月曜日の折込チラシの特徴

月曜日は1週間の中で最も折込チラシの枚数が少ない曜日。
月曜日に折込チラシが少ない理由は下記の通りです。

  • 一週間の仕事の始まりの日で多忙な人が多い
  • 月曜日にイベントやキャンペーンを行っても集客は難しい

折り込まれるチラシが少ないことから、他社のチラシに埋もれにくくなります
その結果、自社のチラシが目に留めてもらいやすくなるという利点も。

②火曜日の折込チラシの特徴

主婦層をターゲットとする場合、火曜日の折込チラシ配布は効果が期待できます。
それは次の理由です。

  • 「火曜市」など主婦向けの特売イベントが数多く開催される
  • 火曜日に折込チラシを配布するスーパーが非常に多い
  • 火曜日には主婦層が折込チラシを熱心にチェックする

スーパー以外でも主婦層をターゲットとする業種であれば、火曜日に折込チラシを配布することは効果があります。

③水曜日の折込チラシの特徴

水曜日も火曜日と同じように、主婦層をターゲットとした折込チラシが有効です。
スーパーだけでなく小売関係の折込チラシも入ります。

ただし火曜日に比べて特売イベントなどの開催数は減るので、折込チラシの種類も火曜日よりは少なくなります。

④木曜日の折込チラシの特徴

土日の集客の促進を目的とした折込チラシが入るのが木曜日です
主な目的は下記の通りです。

  • 外食など週末の家族のお出かけを促す
  • リフォームや不動産などの見学会や相談会へ来場してもらう
  • ショッピングセンターへの来店の促進 など

全体として折込チラシの枚数は少ない傾向があるので、月曜日と同じように自社をチラシを目立たせて手にとってもらいやすくなります。

⑤金曜日の折込チラシの特徴

金曜日は土曜日の次に折込チラシの枚数が多い曜日です。

土日のイベントやキャンペーンなどへの集客には、金曜日の折込チラシ配布が役立ちます

見込客が金曜日に折込チラシを見て、紹介されているイベントなどを土日の予定に組み込むことが期待できます。

⑥土曜日の折込チラシの特徴

土曜日は1週間の中で最も折込チラシの枚数が多い曜日です

折込チラシの枚数が多い曜日は、折込チラシが見られる割合も高い傾向にあります。
そのため土曜日の折込チラシには、集客面で大きな効果が期待できます。

土曜日の折込チラシが効果的な理由は下記の通りです。

  • 土曜日・日曜日と休日が2日続く
  • お出かけや買い物に行きやすい
  • 折込チラシに対する消費者の関心が高い
  • 休日なので折込チラシをゆっくりチェックできる

このため土曜日にはあらゆる業種の折込チラシが多く入ります。

⑦日曜日の折込チラシの特徴

日曜日の折込チラシには次の2通りの目的があります。

  1. 日曜日当日のお出かけを促す
  2. 翌月曜日からの平日の行動を促す
日曜日当日のお出かけを促す

土曜日と同じく、家族でのお出かけや、商品サービスの購入を家族で相談するための来店を促すために、日曜日の折込チラシは役に立つでしょう。

翌月曜日からの平日の行動を促す

翌月曜日から始まる学校や仕事など平日の行動を促すために、日曜日の折込チラシは効果的です。
教育や趣味、資格や求人などの折込チラシが多くなります。

曜日ごとの折込チラシが多い業種

折込チラシを配布することが多い業種を曜日ごとにまとめました。

下記の表の通りの傾向がありますが、商品サービスの特性や、対象とする見込客層によって、折込チラシを配布する曜日は調整する必要があるでしょう。

曜日 多い業種
月曜日 学習塾などの教育関係
医療関係
趣味や娯楽
通信販売 など
火曜日 スーパー
百貨店
家電量販店
ドラッグストア
通信販売
エステサロン
健康食品 など
水曜日 スーパー
百貨店
家電量販店
ドラッグストア
医療関係
通信販売
エステサロン
インテリア など
木曜日 ショッピングセンター
ホームセンター
外食産業
居酒屋チェーン
リフォーム
不動産関係 など
金曜日 ショッピングセンター
ホームセンター
自動車販売店
家電量販店
家具
外食産業
居酒屋チェーン
化粧品
アパレル・婦人職
ペット関連
スポーツ・レジャー
エステサロン
ヘアサロン
不動産関係 など
土曜日 スーパー
ショッピングセンター
百貨店
家電量販店
自動車販売店
携帯電話ショップ
家具
ホームセンター
外食産業
居酒屋チェーン
化粧品
婦人服
紳士服
ペット関連
スポーツ・レジャー
エステサロン
ヘアサロン
不動産関係 など
*あらゆる業種が折込チラシを利用
日曜日 学習塾など教育関連
資格
求人
趣味や娯楽
旅行
銀行など金融機関
パチンコ店 など

参考:【豆知識】 新聞折込の効果を高める曜日・新聞の選び方 | ラクスルマガジン
参考:折込チラシの曜日別の傾向一覧と集客効果を得られる曜日の選び方

折込チラシの効果が高いのは土曜日!あえて平日の配布もあり

折込チラシの効果を高めるために、曜日ごとの傾向と特徴を知ることが大切です。

各曜日の中でも折込チラシは特に土曜日に多く配布されます。
また、土日が休日であることから、折込チラシは土曜日に一番見られます。
よって土曜日の折込チラシが最も効果が期待できるでしょう

自社で取り扱う商品・サービスや、ターゲット層の生活の習慣に応じて、折込チラシを配布する曜日を決めましょう。

業種によっては土曜日以外の日でも、効果が期待できます

月曜日と木曜日は他の曜日に比べて、折込チラシの枚数が少ない傾向も。
枚数が少ない分、自社のチラシが他社のチラシに埋もれにくく、目に留まりやすいという利点があります。

これらを理解して最適な曜日に折込チラシを配布し、集客アップを実現させましょう。