資料ダウンロードはこちら

ティッシュ広告の宣伝効果を徹底解説!

ポケットティッシュに広告が入ったものを、街なかで配布しているのを見たことがありませんか。

だれもが受け取りやすいポケットティッシュを、広告宣伝に利用するのがティッシュ広告です。

ティッシュ広告は、手軽で効果的な広告の手段として高い人気があります。

とはいえ、「ティッシュ広告を利用してみたいけど、活用方法がわからない」という方もいることでしょう。

今回の記事では、ティッシュ広告の特徴と活用方法を、詳しく解説します。

記事を読むことで、ティッシュ広告の運用のコツや、注意すべきポイントを理解できますよ。

ティッシュ広告とは

出典:ポケットティッシュ印刷 – ネット印刷は【印刷通販@グラフィック】

ティッシュ広告は、ポケットティッシュを利用した広告の手法です。
ティッシュ広告の人気が高い理由について解説します。

ポケットティッシュを広告として使う

ティッシュ広告は、ポケットティッシュに広告面を付ける広告宣伝の手段です。
多くの人々に配布することができます。

新聞折込、チラシポスティング、Web広告など、広告宣伝の手段は数多くあるなかで、ティッシュ広告は、広告宣伝の効果が高い広告媒体の1つです。

Web広告などの技術的に進んだ広告手段に比べて、ティッシュ広告は古典的な手法と思われがちです。
しかし、誰でも手軽に広告を発信できる方法として、ティッシュ広告は根強い人気があります。

ティッシュ広告の人気が高い理由

ティッシュ広告に根強い人気があるには理由があります。
ティッシュ広告の人気が高い理由は次の通りです。

  • ティッシュをもらって困る人はいない
  • 捨てられることがない

上記の理由により、ティッシュ広告は、受け取ってもらいやすく、多くの人に手元に置いてもらえることで、販促や集客に役立ちます。

宣伝効果が抜群なティッシュ広告

新聞折込やポスティングなどに利用されるチラシと、ティッシュ広告を比べてみましょう。

手に取ったチラシの内容が自分に必要ないと判断したら、多くの場合そのチラシは捨てられます。

ティッシュ広告に使われるポケットティッシュは、日常生活で必要なものなので、簡単に捨てられることはありません。

またポケットティッシュを利用するのは一回限りではなく、必要に応じて何度も使います。
そして毎回使うたびに、ポケットティッシュの広告面を目にすることでしょう。

ポケットティッシュは季節に関係なく使えるので、ティッシュ広告は1年を通して利用できます。

広告を見てもらえる頻度が高く、1年を通して利用できることから、ティッシュ広告は広告効果と利便性がとても高い広告媒体です。

ティッシュ広告の特徴3つ

ティッシュ広告には、他の広告媒体にはない特徴があります。
ティッシュ広告の特徴を理解して、効果的な広告宣伝に活用しましょう。

①人が直接手渡しすることができる

ティッシュ広告が他の広告と異なるのは、人から人へ直接手渡しする点です。

ティッシュ配りには人手がかかりますが、それでもティッシュ広告が人気があるのは、この手渡しするということが大きいです。

ティッシュを手渡しすることで、渡す対象を選ぶことができます
ティッシュを渡す対象を選ぶことで、より確実にターゲットに広告を届けられます。

②ターゲットを絞れる

人から人へ直接手渡しするティッシュ広告は、ティッシュを渡す人を選ぶことで、他の広告よりもターゲットを絞れます

ターゲットを絞るポイントは次の2点です。

  • 年齢と性別
  • 場所と時間

年齢と性別でターゲットを絞る

エステやヘアサロンといった美容系の集客を狙うなら、対象となる年齢の女性がターゲットです。

学習塾や家庭教師への集客を考えるなら、学生を対象としてティッシュを配布するとよいでしょう。

場所と時間でターゲットを絞る

地域を限定してティッシュを配布することで、その場所を通行する人々に広告を届けられます。
さらに配布する時間を限定することで、ターゲットをより細かく選ぶことも可能。

場所と時間を選んでターゲットを絞ることに、適している業種の例は次の通りです。

  • 飲食店
  • 携帯電話ショップ
  • スポーツクラブ
  • 学習塾や家庭教師
  • 美容関係

地域を絞って広告を届けるという点で、ティッシュ広告は地域密着型の広告に向いています

③受け取ってもらいやすい

折込やポスティングに用いられるチラシは、主に広告の内容を届けることだけに特化しています。
基本的に、広告を通してサービスや商品の内容を届けるだけになります。

ポケットティッシュは広告の有無に関わらず、「必要なもの」「あっても困らないもの」です
日常生活の中で、ポケットティッシュの出番はとても多いからです。

チラシとは異なりポケットティッシュは、ほとんどの人が受け取ってくれます。
これがティッシュ広告が人気である理由の1つですね。

ティッシュ広告の費用対効果

ティッシュ広告は、他の広告媒体に比べて費用対効果が高いことが知られています。

ティッシュ広告の費用対効果を具体的に計算する方法と、効果をさらに高める手法を紹介します。

ティッシュ広告の費用対効果の具体例

この項ではティッシュ広告の費用対効果について、実例を上げて解説していきます。

費用対効果とは商品やサービスを販売する上で、かけた費用に対してどんな効果が得られたかを表す考え方のことです。

ティッシュ広告の費用対効果を考える上で、下記の条件を例として考えてみます。

  • ポケットティッシュ1個の原価の例:5円/個
  • 1時間に配布できるポケットティッシュの数:200個
  • ティッシュを配布するための人件費:時給1000円

上記から、1時間あたりのティッシュ広告の費用を計算すると下記の通りになります。

1時間あたりの費用=(5円×200個)+1000円=2000円

上記の数字に「転換率」を反映させます。
転換率とは、広告を受け取った人が成約に結びつく割合のことです。

広告の媒体別のおおよその転換率は、下記の通りです。

  • ティッシュ広告:4%
  • 新聞折込:0.03%
  • ポスティング:0.2%
  • Web広告:3.3%

上記の転換率を、今回のティッシュ広告の例に適用すると、

ティッシュ配布200個×4%=8人

ティッシュ広告に2000円の費用をかけて、8人の顧客を獲得できる計算になります。

費用2000円÷8人=1人あたり250円

顧客1人あたり250円以上の収益があれば、黒字になることがわかりますね。

参考:ポケットティッシュの広告効果は本当にあるのか? | ぺんくり

メディアミックスで広告効果がアップ

広告宣伝を行う際には1つの媒体だけではなく、さまざまな媒体を連動させることが大切です。
連動させることで、1つの媒体だけの時よりも、より大きな結果が得られます

複数の媒体によって広告を何度も目にすることで、印象に残りやすくなります。
ティッシュ広告も他の媒体と連動させることで、一層大きな成果が上がるでしょう。

ティッシュ広告と連動させる広告媒体は、状況によってさまざまですが、いくつかの例を下記に上げておきます。

  • 新聞折込
  • ポスティング
  • フリーペーパー
  • 新聞広告・雑誌広告
  • 店頭ポスターやPOP

ティッシュ広告4つのデメリット

ティッシュ広告は手軽に行えて、費用対効果の高い宣伝方法です。
しかしティッシュ広告にはメリットだけではなく、デメリットもいくつかあります。

あらかじめティッシュ広告のデメリットを理解した上で、広告宣伝に活用しましょう。

①即効性がない

たくさんのメリットがあるティッシュ広告ですが、即効性という点ではあまり期待できません。
それはポケットティッシュをもらった時の、行動パターンを考えるとわかります。

ティッシュ広告を受け取った人の、行動の流れは次の通りです。

  1. ティッシュを受け取る
  2. ティッシュをかばんにしまう
  3. ティッシュを使う必要が生まれる
  4. ティッシュにセットされた広告が目に留まる
  5. ティッシュをかばんにしまう

以降、ティッシュがなくなるまで、3から5が繰り返されます。

上記の通り、ティッシュの広告が繰り返し目に留まることで、広告が印象に残ることを期待するのが、ティッシュ広告です。

最初にティッシュを受け取った際に、じっくりと広告を見てもらうことは期待できません。
その意味でティッシュ広告には、即効性がありません。

②配布に人件費がかかる

ティッシュ広告は人から人へ直接手渡しするものなので、配布するためには人手がかかります
配布にために人手を準備するには、主に次の方法があります。

  • 自社スタッフの空き時間などに配布してもらう
  • ティッシュ広告を配布するためにアルバイトを雇う
  • ティッシュ広告の業者に配布を委託する

自社スタッフに配布をしてもらうとすると、新たに人を雇う必要はないかもしれません。
しかし配布に時間をとられて、本来の業務に支障をきたす可能性があります。

ティッシュ広告のためにアルバイトを雇う場合は、新たに人件費が発生します。
新たな人件費に見合った費用対効果を上げないと、結果的に赤字です。

業者に配布を委託することで、最も手間と時間を節約ですることが可能。
しかし配布は有料なので、アルバイトを雇うのと同じく費用に見合った費用対効果を上げる必要があります。

③広告の面積が小さい

ティッシュ広告に使われる広告面のサイズは、最も定番のもので「72mm×103mm」です。
一般的なA4サイズのチラシに対して、約8分の1ほどの面積になります。

  • ティッシュ広告:72mm×103mm=7416平方mm
  • A4チラシ:210mm×297mm=62370平方mm

上記の通り、ティッシュ広告は広告面が小さいため、記載できる情報量に限りがあります。
記載する文字サイズを小さくすると、なかなか読んでもらえません。

ティッシュ広告を見てもらい、印象づけるためには、広告面が小さいことを念頭におく必要があります。
ティッシュ広告には、広告面の広いチラシなどとは異なるデザインを考えることが大切です

ティッシュ広告の広告サイズはこちらの記事でも紹介しています。

ティッシュ広告の費用とは?節約法や他媒体との比較も解説

④ターゲット以外に配ってしまうことも

人の手によって配布するティッシュ広告は、性別、年齢などによってターゲットを選ぶことが可能です。
ターゲットには積極的に配布し、ではない人には配布しません。

しかし、ターゲットではないのにも関わらず、広告ではなくティッシュそのものが欲しくて求める人が一定数います。

ターゲット以外の人にティッシュを渡すと、その分費用が無駄となり、費用対効果が下がる一因となります。

ターゲットのみに配布を行うために、ターゲットを選ぶ意識の徹底と、配布する場所と時間の選定が大切です

宣伝効果の高いティッシュ広告を集客に生かしてみましょう

ティッシュ広告は、ポケットティッシュを利用した広告の手法です。
ポケットティッシュに広告面を付けて、多くの人々に配布することができます。

ティッシュ広告には3つの特徴があります。

  1. 人が直接手渡しすることができる
  2. ターゲットを絞れる
  3. 受け取ってもらいやすい

ティッシュ広告は、他の広告媒体に比べて費用対効果が高いです。
ティッシュ広告の転換率の相場4%を当てはめて、事前に費用対効果を予測できます。

ティッシュ広告には4つのデメリットがあります。

  1. 即効性がない
  2. 配布に人件費がかかる
  3. 広告の面積が小さい
  4. ターゲット以外に配ってしまうことがある

ティッシュ広告の特徴や特性を十分に理解して、効果的な広告宣伝を行いましょう。