今すぐ無料ダウンロード

反響がよいリフォームのチラシとは?事例付き・テンプレートも紹介!

「自分でリフォームチラシを作成したい」

「反響がよいリフォームチラシを作成するには、どのようなデザインが適しているだろう」

このような悩みを抱えていませんか?

チラシは、集客や商品の購入・契約への入口となる重要なツールです。
新規顧客を獲得することは、今後のビジネス展開に大きな役割をもちます。

しかし、多くのチラシは読む前に捨てられることが多くあります。
そこで、「読んでもらえる」かつ「反響のでるチラシデザイン」の構成が必須です。

当記事では、反響のよいリフォームチラシのデザインについて、事例やテンプレートも交えながら紹介。
デザインを進めるうえでのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リフォームのチラシ事例

ポスティングや新聞折込などの手法に関わらず、チラシには反響が重要です。
販売促進につなげるためには、多くの人に見てもらえ、かつ集客につながるチラシの作成が必要になります。

反響のよいリフォームチラシを作るためにはデザイン自体だけでなく、わかりやすい中身にしなくてはなりません。
リフォームのチラシ事例を「キッチン」、「外壁・屋根」、「浴室」、に分けて解説します。

キッチン


画像引用:ゴク楽チラシパック.com

こちらのキッチンリフォームチラシは、まず「お客様の悩み」に寄り添った言葉が目を引くデザインです。
キッチンに対する困りごとを打ち出すことで、潜在的な顧客は興味関心を持ちます。

リフォームによるビフォーアフターの写真を掲載することで、読み手のイメージが膨らみやすくなります。

キッチンリフォームは、一部分の施工であっても工事が必要。
あえて複数の施工事例を掲載することで全体像がつかみやすく、「単発のリフォーム」後にもつながる可能性も生まれます。

そして、リフォームで得られるメリットも伝えましょう。
チラシを見て問題解決ができ、その後の生活におけるメリットを理解してもらうことで、反響は格段に良くなります。

外壁・屋根

画像引用:チーム・カスガイ

こちらの外壁・屋根のリフォームチラシは、料金のわかりやすさが印象的です。

リフォームを検討してもらえるように、メリットを訴求しています。
住宅ローンの金利や利用が可能な制度をあげ、詳細な数字でわかりやすく説得力のあるデザインです。

「お得感」に焦点を絞り、潜在顧客に「リフォームがよさそう」と感じ取ってもらうことで、お問い合わせにつながります。

また、左上に相談会の告知を掲載しているのもポイント。

「気軽に参加できる」と思えば、リフォーム相談に対する入り口を広げることが可能です。
気軽さを打ち出し、入り口を広げることで集客および顧客獲得につながります。

浴室

画像引用:チーム・カスガイ

こちらの浴室リフォームチラシは、ひと目で施工の魅力が伝わるデザイン。
施工前後の写真を掲載することで、浴室リフォームの魅力が伝わりやすくなります。

冬はヒートショック予防のため、浴槽リフォームの需要が高まる時期です。
そのため、需要が高まる時期に求められるセールスコピーがマッチしています。

写真以外の魅力を文章で補足することで、見ただけではわからない素材や手すりなどのイメージが湧きやすく、潜在顧客の目に留まるようなデザイン。

「リフォームフェア」や相談会の開催は反響がよく、おすすめのポイントです。

反響がよいリフォームのチラシの作り方

反響がよいリフォームチラシの作り方は、相手に魅力が伝わりやすく、「この会社にリフォームをお願いしたい」と思わせるような意識をすることです。

目を引くデザインを考えることから始めましょう。

そのためには、ターゲットを明確にし、できるだけ詳細な料金形態を打ち出すことが大切です。

反響がよいリフォームチラシの作り方について、詳しく解説します。

デザイン

反響のよいリフォームチラシを作るためには、まずは潜在顧客の目に留まるような「目を引くデザイン構成が重要です。
他社チラシとの差別化を図り、潜在顧客に魅力が伝わる工夫をしましょう。

チラシの多くは、じっくり見る前に捨てられてしまうのが現実です。
しかし、他のチラシに埋もれてしまわなければ、潜在顧客の目に触れる機会が増えます。

具体的な「目を引くデザイン」とは、1番の魅力をわかりやすくレイアウトし、言葉と画像で訴求すること
言葉と画像を連動させることで、読み手の想像を膨らませるのです。

地方なら、その土地の方言を利用してもよいでしょう。
キャッチコピーは、「どの表現がわかりやすいか?」を重要視します。

また読み手に疑問点や関心を抱いてもらうことも大切です。
目を引くデザインについては、こちらの記事でも解説しています。

>> 目を引くデザイン!イベント広告の作り方を徹底解説

料金形態はできるだけ細かく

反響のよいリフォームチラシを作成するなら、料金設定はできるだけ細かく掲載しましょう。

人は数字に目がいきやすいと、いわれています。
具体的な数字を掲載することで、説得力が増すからです。

料金形態をできるだけ細かくすることで、問い合わせ後のギャップも少なく、契約や購入につながりやすくなります。

【例1】キッチンリフォーム50〜100万円!
【例2】キッチンの壁付け50万円、おしゃれなアイランドキッチンは99万円!

後者の方が、具体性と説得力が増しませんか?
ひと目で費用の相場が明確になると、行動の後押しとなります。

また、料金以外の数字も具体的に示しましょう。

「実績あります!」よりも「年間1,000件の施工実績あり!」の方が、読み手に対して魅力的に写ります

ターゲットを意識して作る

反響のよいチラシで最も重要なのは、ターゲットを意識して作ることです。「このチラシを誰に見てほしいのか?」を明確にすることで、ターゲットへの訴求力が高まります。

例えば、20代30代の若者向けと、シニア層への訴求では好まれるデザインや魅力も異なります。
若年層であればおしゃれな内装や見た目が好まれますし、シニア層であれば使い勝手がよくなるリフォームが求められるでしょう。

また、ターゲットを明確にすれば、チラシ作成時に掲載したい情報やデザインがぶれません。
情報やデザインがぶれないことで、読み手の共感を得られて反響獲得につながるのです。

ターゲットの意識は、ポスティングの際も重要になります。
地域や家族構成、年代などを捉え、読んでほしい人の目に留まる工夫が必要です。

ポスティングのコツについては、こちらの記事が参考になります。
>>効果的に集客を!チラシのポスティングの押さえるべきコツを紹介

リフォームチラシが簡単に作れるテンプレート

リフォームチラシの事例や作り方についてご紹介してきましたが、実際に一から作成するには時間や労力がかかります。
そこで、無料かつ簡単にリフォームチラシを作成できる、サイトやサービスの利用をするとよいでしょう。

リフォームチラシが簡単に作成できるテンプレートとしては、次のサイトやサービスがおすすめです。

  • Canva
  • ラクスル
  • アスクル

「Canva」や「ラクスル」、通販でも有名な「アスクル」のサイト・サービスでは、初心者でも簡単にチラシ作成ができるテンプレートが充実しています。
また、全て無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

ぜひチェックしてみましょう。

Canva

画像引用:Canva

Canvaは、おしゃれで目を引くデザインが簡単に作成が可能なサイトおよびサービスです。
Canva内には、無料で利用できる「Canvaフリー」も完備していますので、無料会員登録とログインだけで、100種類以上のデザインや25万点以上のテンプレートを選択可能

誰でも簡単にリフォームチラシを作成できます。
画像の挿入は、オリジナルはもちろんCanvaからフリー画像も選べます。

デザインのカスタマイズ時には、何百ものフォントからお好きなものを選べますので、オリジナリティが溢れるチラシを作成できるでしょう。
背景やデザインカラーの変更も簡単に行え、あなたのイメージにぴったりなチラシが完成します。

Canvaはデータの共有も可能なので、1人での作業をはじめ、チームでの作成にも適しています。
直感操作が可能なので、デザイナーでなくても簡単に操作できるでしょう。

ラクスル

画像引用:オンラインデザイン 印刷のラクスル

印刷事業で有名なラクスルは、無料テンプレートでチラシ作成が可能な「オンラインデザインサービス」を運営しています。
業界やキーワードだけでなく、折込加工やカラーデザインによる絞り込みが可能です。

ラクスルの「オンラインデザインサービス」は、会員登録後にサイトへログインし、商品名とテンプレートを選択します。
線のデザインやグラフの作成・挿入など、詳細な編集までが可能です。

レイアウトが完成すれば、ご自身で印刷まで完結します。
ある程度型に当てはめながらチラシを作成したい人はラクスルがおすすめです。

アスクル

画像引用:パプリbyアスクル

アスクルのネット印刷事業である「パプリ」は、「パワポン」という名のデザインテンプレートサイトを運営しています。
無料テンプレートをパワーポイントで編集するだけで、本格的なチラシが簡単に作成できるのです。

使い方も簡単。
「パプリ」にて無料会員登録し、テンプレート一覧から気に入ったデザインを選んでダウンロードします。

パワーポイント上でテキストを編集し、イメージに合った画像やロゴを挿入しましょう。
編集が完了すれば、データをPDF変換して印刷します。

たったこれだけで、あなたのリフォームチラシの完成です。

難しければ専門業者に依頼するとよい

チラシは、個人でも無料かつ簡単に作成できます。
ただし、編集や印刷を簡単に行えるとはいえ、反響がよいチラシを作るのは難しいでしょう。

「本当に反響のよいチラシを作成したい」

「無料サイトを使ってみたけど、自分には難しい」

と感じた場合には、やはりプロである専門業者に依頼するのがおすすめ

また、実際の作成から印刷、納品までを一貫して担当してもらえるので、手間がかかりません。

株式会社ジェイアンドユーでは、フリーペーパーや新聞PR誌を取り扱っています。

新聞社PR誌の広告取り扱いベースは65%。
取り扱い新聞は地方紙を含む約40社と、圧倒的なシェア率を誇ります。(自社調べ)

下のバナーから「フリーペーパー広告概要・活用事例集」をダウンロードできるので、ぜひ参考にしてみてください。