雑誌の広告費の相場は?具体例をもとにわかりやすく解説!

「雑誌の広告費って一体いくらかかる?」

「表四4色1Pって何?」

雑誌の広告費は、独自の表記をもとに計算されるため、初めての人にはわかりにくい仕組みと言えます。

この記事では、雑誌の広告費の相場について一から解説。

「雑誌広告の出稿を検討しているが、料金体系がよくわからない」という人におすすめです。

雑誌広告費の計算方法

雑誌広告においては「表四4色1P」といった表記から費用を計算します。
雑誌広告の独特な表記方法ですね。

「表四4色1P」という表記は3つに分けられます。

  • 表四:掲載場所
  • 4色:色(モノクロかカラーか)
  • 1P:掲載サイズ

ひとつずつ見ていきましょう。

掲載場所

主な掲載場所についてご紹介していきます。

雑誌媒体によって微妙に異なるため、あくまで目安です。

表四 裏表紙。雑誌をひっくり返したら目に入るため、最も高い露出度を誇ります。
表二 表紙の裏面。表紙をめくったすぐの場所。表四に続く露出度。
表三 裏表紙(表四)の裏面。雑誌を読み進めた最後に目にする場所なため、やや露出度は下がります。
特表二見開 表二から目次ページまでの見開き。
目次対向 目次の向かい面にある場所。
目次前 目次の前ページの場所。
目次裏 目次の裏の場所。
コラム対向 コラムページの向かい面にある場所。
記事対抗(編集対向) 編集ページの向かい面にある場所。

掲載場所は必ず表記されるわけではありません。

表記がない場合、雑誌内のどこかに掲載されます。(「記事中」とも表記される)

ちなみに、表一がありませんが、表一は表紙を指すため広告は掲載できません。

表二~四まである中で、最も料金が高いのは表四です。
理由は一番目に付きやすいため。

雑誌を開かずとも見えるのは表四だけです。

色に関しては以下のように、それぞれ表されます。

  • フルカラー:4色 or 4c
  • 2色:2色 or 2c
  • モノクロ:1色 or 1c

ただ、2色はあまり見かけないため、基本的にはフルカラーかモノクロです。

掲載サイズ

最後に、主な掲載サイズです。

見開 見開き2ページ分のスペース
1P 1ページ分のスペース
タテ1/2P 1ページを縦に2分割したスペース
タテ1/3P 1ページを縦に3分割したスペース
ヨコ1/2P 1ページを横に2分割したスペース
ヨコ1/3P 1ページを横に3分割したスペース
ヨコ1/4P 1ページを横に4分割したスペース

雑誌広告は、掲載場所+色+掲載サイズによって料金が算出されます。

例えば「目次の前ページに、カラーで、縦に2分割したスペースに掲載したい」場合は、「目次前4色タテ1/2P」と表記します。

すべてを覚える必要はありませんが、簡単に頭に入れておくと良いでしょう。

雑誌広告費を紹介!相場は50~250万円ほど

代表的な雑誌を例に、広告費をご紹介していきます。

1件あたり、広告費は約50万円~250万円が相場です。
ただし、制作費は別途かかりますのでご注意下さい。

また、これからご紹介する広告費は定価になりますが、実質価格は各媒体ごとに異なる場合がほとんどです。興味がある場合は都度広告代理店に相談するといいでしょう。

週刊文春

「週刊文春」は1959年創刊、「新聞・テレビが書かない記事を書く」がモットーの週刊誌。

主に中高年向けで、スクープ情報を中心に展開しています。

発行部数は約380,000部です。

掲載サイズ 広告費
表四4色1P 241×172 2,400,000円
表二4色1P 257×182 1,950,000円
表三4色1P 257×182 1,450,000円
4色1P 257×182 1,850,000円
4色タテ1/3P 243×55 770,000円
4色ヨコ1/5P 50×170 440,000円
1色1P 257×182 1,080,000円
1色タテ1/3P 243×55 440,000円

※出典:株式会社HRKS

女性自身

「女性自身」はニュースから実用記事まで様々なコンテンツを掲載しています。

40代~60代の女性がメインの読者層で、都市部だけでなく全国的に読まれている週刊誌。

発行部数は約210,000部です。

サイズ 定価
表四4色1P 245×200 3,100,000円
表二4色見開 260×420 5,200,000円
表三4色見開 260×420 4,100,000円
4色1P 260×210 2,400,000円
4色タテ1/3P 230×60 1,100,000円
中質紙頁4色1P 260×210 1,800,000円

※出典:株式会社HRKS

週刊ダイヤモンド

「週刊ダイヤモンド」はビジネス情報の週刊誌。

主な読者層は30代~50代男性で、特徴として管理職の読者比率が高くみられます。

発行部数は約85,000部です。

掲載サイズ 定価
表四4色1P 260×190 1,850,000円
表二4色見開 280×420 2,900,000円
表三4色1P 280×210 1,320,000円
巻頭コラム対向(1)4色1P 280×210 1,480,000円
第1目次対向4色1P 280×210 1,400,000円
記事中4色見開 280×420 2,540,000円
記事中4色1P 280×210 1,300,000円
記事中4色タテ1/2P 250×90 700,000円
記事中1色1P 280×210 1,000,000円

※出典:株式会社HRKS

non-no

「non-no」はカジュアル、ガーリー系のファッション月刊誌。

読者層のメインは20歳前後の女性です。

発行部数は約140,000部となります。

サイズ 定価
表四4色1P 297×232 2,700,000円
表二4色見開 297×464 4,500,000円
表三4色見開 297×464 4,400,000円
4色1P 297×232 2,200,000円
4色タテ1/3P 260×63 850,000円

※出典:株式会社HRKS

ハルメク

「ハルメク」は50代からの暮らし方を提案する女性向け月刊誌。

シニア女性誌でNo1の発行部数を誇り、書店販売をせず、希望申込者への郵送のみでの販売が特徴です。

発行部数は約180,000部です。

サイズ 定価
表四4色 280×200 2,900,000円
表二4色見開 285×420 3,800,000円
表三4色見開 285×420 3,450,000円
4色1P 285×210 2,000,000円
4色見開 285×420 3,250,000円
4色1/3P 254×63 920,000円

※出典:株式会社HRKS

SENSE

「SENSE」は男らしさをコンセプトにしたメンズファッション誌。

月刊誌で、30代男性が主な読者層です。

発行部数は約70,000部です。

サイズ 定価
表四4色1P 280×220 2,200,000円
表二4色見開 297×460 3,200,000円
表三4色1P 297×230 1,500,000円
第二表二4色見開 297×460 3,100,000円
目次対向4色1P 297×230 1,700,000円
巻頭コラム対向4色1P 297×230 1,600,000円
中面4色1P 297×230 1,500,000円

※出典:株式会社HRKS

週刊ゴルフダイジェスト

「週刊ゴルフダイジェスト」はビジネスマンを対象としたゴルフファン向けの週刊誌。

ゴルフのエピソードやテクニックアドバイスなどの情報を掲載。
公共スペースのロビー等にも置かれるロビー誌でもあります。

発行部数は約130,000部です。

サイズ 定価
表四4色1P 240×170 1,550,000円
表二4色見開 257×364 2,200,000円
表三4色1P 257×182 1,000,000円
4色1P 257×182 970,000円
4色タテ1/3P 247×60 440,000円
1色1P 257×182 630,000
1色タテ1/3P 240×53 290,000

※出典:株式会社HRKS

月刊newtype

「月刊newtype」は20代男性がメインのアニメ情報系月刊誌。

放送中のアニメ情報や、声優の連載など、アニメファンを対象とした情報を掲載しています。

発行部数は約350,000部です。

サイズ 定価
表四4色1P 278×225 1,200,000円
表二4色見開 297×235 2,200,000円
表三4色1P 297×235 960,000円
4色1P 297×235 960,000円
4色タテ1/3P 260×70 360,000円

※出典:株式会社HRKS

雑誌広告の費用は高い?安い?

約50万円~250万円になる雑誌の広告費は高いのでしょうか。

同じ紙媒体である新聞と比較して考えてみましょう。

例えば、朝日新聞に50×40の突き出し広告を出稿した場合、約120万円がかかります。
それに対して、週刊文春だと(カラーで)50×170のサイズに約77万円で出稿可能。

一見、料金的に掲載しやすいのは雑誌広告です。

ただし、1部あたりの広告費で考えると、雑誌広告は割高だと考えられます。

朝日新聞の発行部数は約500万部、週刊文春の発行部数は約38万部。

それぞれ1部あたりで計算すると、朝日新聞は0.24円、週刊文春は2.02円です。

サイズや掲載場所が異なるため正確な比較にはなりませんが、1部あたりの料金では新聞広告の方が安くなります。

しかし、雑誌広告には「細かいターゲッティングが可能である」というメリットがあります

新聞はほぼターゲッティングが出来ず、多種多様な人が読むため、見込み客になりえない読者にも広告費を払わなければなりません。

雑誌であれば、性別、年齢層、趣味趣向など、読者層が極めて明確です。
その結果、見込み客となりやすい読者へ、的確に広告を届けることが可能となっています。

ターゲッティングを細かくできる点を加味すれば、雑誌の広告費は高いとは言えないでしょう。

広告に適した雑誌媒体を選定し、雑誌のテイストにあった広告を制作すれば、むしろ雑誌広告は大きなコストパフォーマンスを期待できる媒体です。

まとめ:雑誌広告は掲載しやすい料金設定

雑誌の広告費について解説してきました。

雑誌広告の費用を理解するには、以下のポイントが重要です。

  • 雑誌の広告費は、掲載場所掲載サイズによって計算される
  • 雑誌広告費の相場は、50万円~250万円ほど
  • 雑誌広告の費用は、1部あたりは新聞広告の方が割安だが、細かいターゲッティングが可能

全国紙だと広告費が100万円を超えることが多い新聞、制作費を加えるとさらなる費用が必要となるテレビCM。
これらに比べると、雑誌広告は安く掲載することができます。

雑誌広告は、新聞やテレビ広告と比べて気軽に広告を出稿できる媒体です。

また、細かいターゲッティングができるため、上手に活用すれば、高いコストパフォーマンスを発揮してくれます。

雑誌広告への掲載を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。