オフラインマーケティングの効果を上げるには?成功のコツと一緒に解説

紙媒体をメインに活用するオフラインマーケティングは、デジタル広告よりも効果が小さいとは思ってはいませんか?

インターネットが登場する前から活用されてきたオフラインマーケティング。
IT技術が発達した今でも様々な業界で利用されているのには、深い理由があります。

そうは言っても、なかなか具体的なメリットがわかりにくいですよね。

そこで今回は、オフラインマーケティングの効果と成功するコツを解説。

具体的な活用方法も紹介するので、ぜひ最後まで読んで、効果的な集客に役立ててくださいね。

オフラインマーケティングとは?

オフラインマーケティングとは、インターネットを使わないマーケティング手法の総称です。

例として、チラシやティッシュ広告などのアナログ媒体に加え、自社セミナーなどのイベントやテレアポなどが挙げられます。

オフラインならではの利点が多いため、インターネットが普及した今でも多くのビジネスで活用されています。

この章では、オフラインマーケティングの概要について紹介していきましょう。

オフラインマーケティングの3つのメリット

オフラインマーケティングには以下の3つのメリットがあります。

  1. 確実にターゲットに情報を届けられる
  2. デジタル媒体との併用で効果アップ
  3. インターネットを使わない層にも届けられる

企業サイトやSNSなどを利用するオンラインマーケティングでは、不特定多数に向けて大量の情報を発信することが可能です。

しかし、この方法ではサイトの訪問者数やフォロワーを増やすのに時間がかかるのが難点。

一方、チラシやティッシュ広告などを活用するオフラインマーケティングなら、多くの場合、直接ターゲットの手元に情報を届けることができます

また、配布するチラシや広告などにQRコードを掲載して、ターゲットを企業サイトに誘導することで、さらに高い効果を狙うことも可能です。

オフラインマーケティングの6つの方法

オフラインマーケティングには、主に以下の6つの方法があります。

  • チラシ
  • ティッシュ広告
  • 新聞広告・雑誌広告
  • ダイレクトメール
  • 自社セミナーなどのイベント
  • テレアポ

これら6つの手法は、インターネットが普及する前から定番のマーケティング手法として長い間使われてきた歴史があります。

特にチラシや新聞・雑誌広告は、狙った地域に効率的に配布できるため、地域に密着したビジネスに効果的。

それぞれの手法の詳しいメリットについては、「オフラインマーケティングとは?具体的な方法と成功するポイントを解説」でも紹介しているので参考にしてみてください。

オフラインマーケティングで成功する5つのコツ

オフラインマーケティングを活用する際は、以下の5つのポイントを意識してみましょう。

  1. ターゲットに合わせて媒体を選ぶ
  2. デジタル媒体と併用する
  3. デザインでターゲットの目を引く
  4. キャッチコピーを工夫する
  5. 効果測定をする

インターネットを使わないオフラインマーケティングでは、いかにターゲットの目に留まるかが効果を左右します。

せっかく商品そのものの質が良くても、ターゲットの興味を引くアピールができなければ、他社のチラシや広告に埋もれてしまうかもしれません。

広告を作成する際は、ターゲットの目に留まりやすい媒体とデザインを意識し、ホームページやLINEアカウントのQRコードを併せて表記しましょう。

紙広告の効果測定の方法は、「紙広告で効果を得るには?効果測定の方法も併せてご紹介」でも詳しく紹介しています。

オフラインマーケティングにはどんな効果がある?

オフラインマーケティングには、どんな効果があるのかを紹介していきましょう。

  • 売上での効果を上げやすい
  • 消費者の購買意欲を上げやすい
  • 消費者から信頼されやすい

この章では、それぞれの効果について詳しく解説していきます。

売上での効果を上げやすい

引用:デジタル・アナログ領域のマーケティング施策実態調査(第4回)

日経BPコンサルティングの「デジタル・アナログ領域のマーケティング施策実態調査(第4回)」では、オフラインマーケティングにおける売上効果の満足度の高さが明らかになりました。

調査によると、マーケティングにおいて「効果をあげている」と答えた上場企業の割合は「デジタル施策」は4割台、「アナログ施策」は5割台。

デジタル施策よりもアナログ施策の方が、評価が高いことが分かります。

消費者の購買意欲を上げやすい

引用:消費者1,269人に聞いた購買意欲・印象・信頼に影響する広告媒体アンケート調査

株式会社サイカの「消費者1,269人に聞いた購買意欲・印象・信頼に影響する広告媒体アンケート調査」では、それぞれのマーケティング手法が消費者の購買意欲にどれ程影響するかが公開されています。

調査では、購買意欲を促進する媒体として、最も多くの人が「テレビCM」を選択。

そしてその次に多く選ばれたのが「新聞・雑誌広告」でした。

特に40代以上の人にとっては、新聞・雑誌広告をきっかけに購買に踏み切る人が多いようです。

消費者から信頼されやすい

アメリカに本社を置くニールセンは、60の国と地域の30,000人のインターネットユーザーを対象に19種類のメディアに対する消費者の信頼度を測定。

その結果、テレビ、新聞、雑誌などの従来型の媒体は、デジタル型の媒体と比べ、信頼すると回答した人が多いことが判明しました。

さらに調査内では、より広告の効果を高めるために、オフラインとオンライン、両チャネルをミックスしたマーケティング施策の検討が推奨されています。

オフラインマーケティングの効果を上げる6つの方法

実際にオフラインマーケティングを実践する際は、以下の6つのポイントを意識することで、より高い効果を期待できます。

  1. 他社の成功事例を参考にする
  2. 同じターゲットに繰り返しアプローチする
  3. 複数の広告媒体を活用する
  4. プロモーション戦略に力を入れる
  5. ダイレクトレスポンスマーケティングを活用する
  6. オフラインマーケティングのプロに相談する

それぞれの項目について、詳しく解説していきましょう。

①他社の成功事例を参考にする

ビジネスの戦略を立てる上で、他社の成功事例を知ることは非常に重要です。

同じ業界の競合他社や、気になるマーケティング手法を取り入れている企業の事例を参考に、具体的なイメージを膨らませましょう。

オフラインマーケティング成功事例まとめ!6つの手法も紹介」では、オフラインマーケティングに成功した5社の事例を紹介しています。

新聞広告やチラシなどの紙媒体や、イベントやセミナーなどの実際の活用方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

②同じターゲットに繰り返しアプローチする

オフラインマーケティングには、同じターゲットに繰り返しアプローチすると効果が上げやすくなる特徴があります。

一度マーケティング施策を実施したら、時間を空けて再び同じ媒体と内容で広告を打ち出してみましょう。

皆さんの中にも、何度も同じ広告を見ているうちに「またこの商品だ」と意識し始める人も多いのではないでしょうか。

このように、最初はターゲットに関心を持たれなくても、定期的に同じ広告を出すことで、企業や商品の存在を認識してもらいやすくなります

③複数の広告媒体を活用する

ひとつの広告媒体だけを使い続けると、情報を受け取るターゲット層に偏りが出てしまします。

例えば大手スーパーのイオンでは、シニア向けのマーケティング施策として、チラシやテレビCMなど様々な広告媒体を活用することで、広告を目にするターゲットに漏れが無いよう工夫しています

また同時に、一部の店舗で朝のラジオ体操やウォーキングイベントを開催することで、商品そのものだけでなく、運動やコミュニティに興味があるシニアの集客にも成功しました。

様々な広告媒体を活用して、より多くのターゲットに情報を届けられるよう意識しましょう。

④プロモーション戦略に力を入れる

プロモーション戦略とは、「広告や広報、人的販売などの手法を使い、顧客との関係を深めることで、購買行動に結びつけるための行動を誘発すること」です。

広告以外にも広報やイベントなど様々な手法を組み合わせることで、集客や売上だけでなく、企業のイメージアップにも効果があると言われています。

プロモーション戦略は、オフラインマーケティングとも相性が良く、様々な方法で活用されています。

プロモーション戦略の具体的な方法や成功事例については「プロモーション戦略とは?成功事例と共に紹介!」で詳しく解説しています。

⑤ダイレクトレスポンスマーケティングを活用する

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、アナログ媒体やテレビCMなどで広告を掲載し、反応があったお客さんに対してのみ、直接商品やサービスを販売する手法。

100年以上の歴史を持つ伝統的な方法で、近年では「DRM」の略称で呼ばれることもあります。

通常のマーケティングと比べ、長い時間をかけてじっくりとお客さんとの信頼関係を構築するため、車などのより高額な商品でも購入してもらいやすくなるメリットがあります。

ダイレクトレスポンスマーケティングについては「ダイレクトレスポンスマーケティングとは?成功するポイントを解説」を参考にしてみてください。

⑥オフラインマーケティングのプロに相談する

もし、オフラインマーケティングを実践してみたにもかかわらず、効果が出ない場合はプロの意見を聞いてみるのも手です。

インターネット上では、マーケティング会社や広告の仲介業者などがコツや事例を無料で公開しています。

当Webメディアでも、フリーペーパー広告の概要や活用事例集を配布していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

効果的なオフラインマーケティングで売り上げを伸ばそう

オフラインマーケティングの効果と成功するコツを解説しました。

オフラインマーケティングでは、以下の3つの効果があります。

  • 売上での効果を上げやすい
  • 消費者の購買意欲を上げやすい
  • 消費者から信頼されやすい

また実際にオフラインマーケティングを実践する際は、以下の6つのポイントを意識することで、より高い効果を期待できます。

  1. 他社の成功事例を参考にする
  2. 同じターゲットに繰り返しアプローチする
  3. 複数の広告媒体を活用する
  4. プロモーション戦略に力を入れる
  5. ダイレクトレスポンスマーケティングを活用する
  6. オフラインマーケティングのプロに相談する

ぜひ6つのポイントを参考にして、効果的な集客に役立ててみてくださいね。