資料ダウンロードはこちら

集客できるリフォーム広告のデザインを徹底解説!

「他のリフォーム業者と差別化し、集客につながる広告展開をしたい」と考えてはいませんか?

住宅リフォーム業者が続々と広告展開をはじめ、競争率が高まっているのを感じている人も多いと思います。

今回の記事では、競合のなかでも集客を勝ち取れる、リフォーム広告のデザイン法について解説。

現代では少子化や高齢化で、住まいへの快適さを求める人が増えています。
だからこそ、リフォーム市場は拡大が期待できる分野です。

すぐにでも実践できる内容も解説しているので、順を追って見ていきましょう。

リフォーム広告のデザイン前にターゲティングをしよう

集客をするにはターゲットを選定し、そのターゲット層に好まれるリフォーム広告のデザインを展開することが重要です。

広告は利用者にとって商品やサービスの入り口です。
まずは自社のチラシなどに興味を持ってもらう必要があります。

ターゲティングの方法について、以下3つのポイントが重要。

  1. 顧客の属性をセグメント化する
  2. 顧客の価値観でセグメント化する
  3. ニーズを考える

まずは①から、解説していきます。

①顧客の属性をセグメント化する

平成31年時点で、すべての年代においてリフォームへの需要は増え続けています。

引用: 住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査報告書(第11回)

すべての年代を狙うのではなく、まずは自社のサービスがどの世代に向けているのか、または提供したいのかを考えましょう。

特に以下の属性は、ターゲットを決める上で重要な要素です。

  • 年齢層(30代、40代、50代など)
  • 家族関係(核家族世帯、2世帯同居など)

ターゲットを明確化し、自社が売り込みたいサービスを、リフォーム広告のデザインのメインに持っていきましょう。

②顧客の価値観でセグメント化する

顧客の価値観は、ターゲティングで重要な要素のひとつ。
ターゲットのライフスタイルや趣味や嗜好などにより、必要とされるサービスが違うからです。

例えば核家族世帯と、2世帯同居の家族の場合。

核家族世帯 子供部屋や夫婦のプライベート空間などを重視したリフォーム
2世帯同居家族 高齢者の祖父母層の安全性を重視したリフォーム

上記のように顧客が重要と考えるリフォームのポイントが、異なってくると考えられます。

ターゲットの価値観によって、リフォーム広告のデザインでメインとなる、イメージ写真も変えていきましょう。

③ニーズを考える

顧客を属性と価値観に分けターゲティングした後は、具体的なニーズを深掘りしましょう。
ニーズを特定し、自社の強みとする合わせることで、他社との差別化ができます。

  • 価格重視か
  • 高品質を求めているのか
  • おしゃれ重視か
  • シンプルなリフォームを希望しているのか

顧客のニーズは、リフォーム広告のデザインのイメージにつなげることができるので、妥協せずに掘り下げてしていきましょう。

「集客できるチラシ広告とは?Web集客との違いと新たなチラシ戦略」の記事でもターゲティングについて、解説しています。

リフォーム広告のデザインで重要な3つのポイント

ターゲティングの後は、チラシなどのリフォーム広告をデザインしていきます。

集客につなげるためには、セグメント化したターゲット層に対して、しっかりアプローチできるデザインが必要です。

デザインに落とし込む際に、おさえておきたいポイントが3つあります。

  1. ターゲット層に合わせた配色
  2. 写真のクオリティと使い方
  3. 情報のわかりやすさ

まずは配色から、解説していきましょう。

①ターゲット層に合わせた配色

広告のデザインを考える上で、配色は非常に重要です。
ターゲット層に見てもらえるかどうかは、配色によって大きく左右されます。

以下のように、デザインで使用するメインカラーを決めます。

女性向け ピンクや赤や清潔でクリアな配色、パステルカラー
高齢者向け 彩度を落とした茶色や緑、紫
高級感 黒やゴールドなど、彩度の低い色の組み合わせ
和風 彩度を落としたもの、深みのある赤や緑など

次の広告例は、女子向けのリフォーム広告です。
パステルカラーを使い、女性が好む印象に仕上がっています。

引用:女性向けリフォーム・リノベーション個別相談会

ターゲット層に合ったメインカラーを設定し、リフォーム広告を作りましょう。

テーマカラーは3色をベースに

ターゲット層に合ったテーマカラーは、3色におさめるのがベストです。
色の量が多すぎると、デザインが難しくなり、さらには情報が見づらくなってしまうことに。

  1. ベースカラー
  2. メインカラー
  3. アクセントカラー

上記の3つを決めた上で、さらに配色の比率は「70% : 25% : 5 %」に分けるのが最適と言われています。

参照:デザイナーが色の配色の時に取り入れたいポイントとアドバイス

色選びと色の配分は、リフォーム広告に限らず、広告デザインにおいて重要な工程です。
上記のポイントを参考にしながら、デザインに生かしてください。

②写真のクオリティと使い方

リフォーム広告では、写真のクオリティはもちろん、写真の使い方でデザインの良し悪しが左右されます。

それぞれ説明していきましょう。

写真のクオリティ

リフォーム広告に使う写真は、画素数が高いものを使用してください。

リフォームの実例でも、イメージ写真でも、低クオリティの写真ではサービスの魅力が伝わりません。

また写真が暗すぎる場合は、明度を調整して使用してください。

クオリティの高い写真で、自社のリフォームの魅力をしっかり伝えましょう。

写真の使い方

写真の使い方は、リフォーム広告の目的によって異なります。

まずは自社の認知度を高めたいブランディング広告なのか、申し込みや問い合わせにつなげるレスポンス広告なのか。
何を目的にするか明確にしてから、使う写真・写真の使い方を決めましょう。

以下はブランディング重視の、リフォーム広告の例。

引用:株式会社 アド・コミュニケーションズ

モダンでおしゃれなイメージが伝わり、見た人が興味を持ち、イメージを膨らませられるデザインです。

次はレスポンス広告の例です。

引用:株式会社東北リファイメント

見た人がすぐ行動できるよう、金額の詳細や問い合わせ先が明確に記載されています。

写真の使い方における相違点を、まとめると以下の通りです。

イメージ重視のブランディング広告 綺麗な写真を全面に配置し、写真がメイン
情報重視のレスポンス広告 写真は過去事例を並べ、テキストがメイン

ブランディングイメージを伝えたいのか、問い合わせにつなげたいかの目的によって、写真を使い分けてリフォーム広告をデザインしてください。

「レスポンス広告は見やすさが重要!デザインのコツを紹介」の記事も参考になります。

③情報のわかりやすさ

リフォーム広告のデザインにおいて、情報のわかりやすさ、文字の読みやすさが大切です。

以下のルールを守った上で、デザインを行ってください。

  • テキストと背景のコントラストを強くする
  • 1行を短くする
  • テキストの大きさに強弱をつける
  • 縦横の位置関係を整える

上記を実行するだけで、情報がとても読みやすくなります。
読みやすくすることで、情報が的確に伝わり、集客につなげることが可能です。

ぜひ実践してみてください。

リフォーム広告のデザインで必要不可欠な要素

リフォームは日用雑貨とは異なり、高額となる場合が多いです。
だからこそ、リフォーム広告でしっかりと情報を伝える必要があります。

ブランディング広告の場合は例外としてありますが、リフォーム広告のデザインをする際に必要な要素を、解説していきましょう。

ビフォーアフターの写真

過去の事例をビフォーアフターとして載せることで、見込み客はリフォームの仕上がりをイメージしやすくなります。

イメージをしてもらうことで、自社の技術に安心感を持ってもらうことができ、信頼感も増します。

引用:リノべりす ビフォー&アフター事例集6選

過去の事例がある場合は、積極的に写真を使っていきましょう。

メリット

競合が並ぶなか、自社のリフォームを選ぶことで得られるメリットを記載しましょう。
強みを伝えることで、他社との差別化もしやすくなります。

例えば、以下のような内容です。

  • アフターフォローあり
  • 耐震補強も可能
  • セット割引あり

デザインの際は、メリットを読みやすく掲載すると、より効果的です。

価格

リフォームは高額な場合が多いため、検討の材料となる価格は記載するのがベスト。
そのなかでも比較的、低価格でできる部分リフォームなどを掲載することをおすすめします。

キッチンやトイレなど、部分リフォームの価格を把握することで、消費者の購入に対する、心理的ハードルを下げることが可能。
心理的ハードルが下がることで、問い合わせなどの次のアクションにつながり、結果的に集客力を上げることができます。

問い合わせ先・相談会日時

リフォームをする際は、お客様との事前相談や打ち合わせが必須です。

まずは相談する一歩を踏み出してもらうために、自社の問い合わせや、相談会イベントの日時は明記しましょう。

特に相談会イベント日時は、見逃されないよう、大きくわかりやすく掲載してください。
重要な情報を明確に伝え、より確実な集客につなげていきましょう。

「売れる広告の作り方とは?集客率が上がる7つの法則を解説」の記事も、ぜひ参考にしてください。

リフォーム広告は戦略的なデザインで集客を!

今回の記事では、リフォーム広告のデザインでおさえたいポイントと、デザインの方法について解説しました。

  • 詳細にターゲティングをする。
  • デザインで配色や写真、テキストを有効に使う。
  • 集客につながる要素を広告内に記載する。

上記のポイントをおさえ、リフォーム広告をデザインしてください。
ターゲティングから戦略を立て、デザインに反映することが重要です。

そしてより多くの人に自社のリフォーム広告を見てもらい、集客力を上げましょう。