資料ダウンロードはこちら

新聞折込はエリア選定が肝心!重要ポイントを徹底解説

テーブルの上に何気なく置かれたお店のクーポンやイベントの告知。
新聞折込は、新聞と一緒に手に取ることができる身近なチラシです。

自宅にもチラシが保管されているのではないでしょうか?

新聞折込にはさまざまなメリットがありますが、エリア設定を間違えると十分な効果を得ることができません。

新聞折込の効果を最大限に引き出すためには、戦略的なエリア設定が必要です。

この記事では、新聞折込エリアを決めるポイントを詳しく解説します。

また、十分な効果が得られないときの対処方法も身につけて、効率的な新聞折込を制作しましょう。

新聞折込のエリアを決めるポイント5つ

地域に密着した情報を発信する新聞折込は、エリアやターゲットを戦略的に絞ることが大切です。

ここでは、エリアを決める際に重要なポイントを5つご紹介します。

  1. 商圏で決める
  2. 行きやすさで決める
  3. ターゲット層で決める
  4. 顧客情報で決める
  5. 調査結果で決める

早速チェックしてみましょう。

ポイント1. 新聞折込エリアは商圏で決める

新聞折込エリアを決めるとき、もっとも重要なのが商圏です。

商圏とは、英語で「Trade (トレード=貿易)Area(エリア=範囲)」のことです。

日本では以下のような意味で使用されています。

  • 商売をするのに最適な範囲
  • ターゲット層のいるエリア

ターゲット層のいないエリアに新聞折込を配布しても、十分な効果は見込めません。

まずは自社の商品やサービスに最適な商圏をしっかり把握することが大切です。

消費者がお店を利用する可能性の地理的な生活圏は、3つの商圏にわけられます。

商圏 頻度/距離 該当するサービス
1次商圏
  • 毎日来店する可能性のある商
  • 徒歩で10~15分程度
  • 半径1km
  • スーパー
  • コンビニエンスストア
  • 学習塾 など
2次商圏
  • 週単位で来店する可能性のある商圏
  • 自転車で10~15分程度
  • 半径3km
  • ドラッグストア
  • フィットネスジム
  • 定食屋 など
3次商圏
  • 月単位で来店する可能性のある商圏
  • 電車や車で30~40分程度
  • 半径15km
  • アミューズメント施設
  • 大型ショッピングモール
  • 家電量販店
  • イベント など

商圏を考えることで、新聞折込エリアを設定しやすくなります。

「新聞折込チラシ」については、以下の記事を参考にしてください。

>>費用対効果は抜群!?成功に導く新聞折り込みチラシ設計

ポイント2. 新聞折込エリアは行きやすさで決める

新聞折込エリアは、商圏だけで決めないように注意しましょう。
商圏内でもお店への行きやすさによって、訪れる可能性が異なるからです。

新聞折込エリアは、立地条件によって大きく異なります。

立地場所 交通手段 エリア
駅前立地
  • 徒歩
  • 自転車
  • バス
  • 電車
  • 駅周辺
  • バス路線図
  • 電車路線図沿い
  • 隣駅
郊外立地
  • 主要幹線道路沿い

このほか、新聞折込エリアは自然の立地条件にも左右されます。

  • 大きな川が流れている
  • 大きな幹線道路が通っている

店舗からの距離だけでなく、自然の立地条件を考慮した新聞折込エリア設定が必要です。

ポイント3. 新聞折込エリアはターゲット層で決める

新聞折込のチラシは、新聞購読をしている以下のような人たちがターゲットです。

  • 主婦層
  • ファミリー層
  • 高齢者層 など

ターゲット層によって、宣伝したい商品やサービスが異なります。

  • 学習塾
  • スーパー
  • ドラッグストア
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • コンビニエンスストア など

ターゲットに関係のない新聞折込は見てもらえません。
ターゲット層に最適な情報発信ができるよう新聞折込エリアを検討しましょう。

また、新聞購読をしている世帯の方が「平均世帯年収」が高いというデータもあります。
(参考:「新聞を読んでいる人は高年収」年収・転職 実態調査 vol.1

また、新聞折込は金銭的に余裕のあるシニア向けの商品やサービスのPRにも最適です。

「シニアマーケティング」に関しては、以下の記事を参考にしてください。
>>シニアマーケティングの成功事例まとめ!失敗しないコツとは?

ポイント4. 新聞折込エリアは顧客情報で決める

店舗への再来店を促す新聞折込の場合、以下のような顧客情報からエリア設定できます。

  • 会員証
  • 会員登録
  • ポイントカード など

登録会員の多いエリアをピックアップして、効果的にアプローチしましょう。

ターゲットエリアに住む人への情報発信、新たな顧客獲得にもつながります。

新聞折込にプラスして、他媒体の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • メルマガ配信
  • DM など

クロスメディア広告に関しては、「クロスメディア広告の成功事例から学ぶメディアの組み合わせ」の記事がおすすめです。

ポイント5.  新聞折込エリアは調査結果で決める

新聞折込に最適なエリアを選定するには、調査結果の活用も欠かせません。

自社の商品・サービスに最適なエリアの情報を細かくチェックしましょう。

  • 人口
  • 年齢層
  • 家族構成
  • 持ち家比率
  • 年収 など

調査結果を基にすることで、集客力の高いエリアを選定できます。

新聞折込のエリアを決めるうえで意識すること

地域密着型の新聞折込は、エリア選定が重要なカギです。

新聞折込の効果を最大化する施策を考えましょう。

  • エリア内でネタが発生しやすい新聞折込を作る
  • 定期的に同じエリアで新聞折込をすること

ここでは2つのポイントをご紹介します。

たくさんの人にお店やサービスを知ってもらえるような仕掛けを作ってみましょう。

エリア内でネタが発生しやすい新聞折込を作る

ターゲット層の行動を活用すると、新聞折込の情報を拡散できます。

ターゲット 行動傾向 効果的な仕掛け
主婦層
  • 定期的に買い物へ行く
  • 地域の情報交換をする
  • クーポン
  • 限定品の提供
ファミリー層
  • 家族で出かける
  • 子ども同士、ママ友同士で情報交換をする
  • SNSを活用する
  • イベント開催の整理券
  • プレゼント交換
シニア層
  • 近隣の住人と交流
  • 老人ホームの見学会
  • 交流会のお知らせ

主婦やファミリー層の拡散力を利用すると、新聞折込が入っていない世帯や新聞を購読していない世帯にも情報が届きます。

エリア内で話題になるネタを仕込んで、新聞折込の効果を最大限に引き出しましょう。

定期的に同じエリアで新聞折込をすること

地味な戦略ではありますが、定期的に同じエリアで新聞折込を出稿し続けることも大切です。

  • 月1回ペース
  • 隔週月曜日
  • 毎週金曜日 など

決まった周期、曜日に繰り返し新聞折込を配布すると、ターゲット層の記憶に残りやすくなります。

複数の新聞折込を比較して買い物の計画を立てる主婦層、ファミリー層への定期的に情報を発信しましょう。

  • 店名
  • お店の場所
  • 特売日 など

定期的に同じエリアに出稿し、地域に根ざしたイメージを付けてみましょう。

エリア内で新聞折込の効果が出ないときの対処法

エリア内で新聞折込を出しても、十分な効果が出ないケースがあります。

一度で諦めるのではなく、戦略を変えることが大切です。

ここでは、エリア内で新聞折込の効果が出ないときの対処法を3つを紹介します。

  1. 新聞を変えてみる
  2. エリアを思い切って変えてみる
  3. チラシのクーポン内容やデザインを変えてみる

早速チェックしてみましょう。

①新聞を変えてみる

新聞折込を配布したエリアで十分な効果が出ない場合は、新聞を変えてみましょう。

全国には100紙以上の新聞があります。

全国紙 全国向けにニュースを報じる新聞
  • 読売新聞
  • 朝日新聞
  • 毎日新聞
  • 日本経済新聞
  • 産経新聞
ブロック紙 販売地域が複数の都府県にまたがる地方紙
  • 北海道新聞
  • 中日新聞
  • 西日本新聞
  • 河北新報
  • 中国新聞 など
地方紙 都道府県の一部を発行エリアとする新聞
  • 日本タイムズ
  • 神奈川新聞
  • 埼玉新聞
  • 千葉日報 など

新聞折込は、新聞を契約している世帯にしか配布されません。

例えば渋谷区エリアでA新聞に折込広告をおこなった場合、A新聞と契約をしている渋谷区エリア世帯にだけ情報が発信されます。

万が一、A新聞の購読者がターゲット層ではなかった場合、十分な効果を得られない可能性があります。

新聞折込は基本的に知名度の高い媒体から選択しますが、非ターゲット層に情報を発信しても手ごたえは得られません。

効果が出ない場合は、他の新聞への折込を検討してみましょう。

②エリアを思い切って変えてみる

新聞折込を配布したエリアで効果を実感できない理由は、エリア選択が誤っているからかもしれません。

もう一度ターゲット層を見直して、エリアを変更してみましょう。

  • 自動車販売のお店なのに、高齢者ばかりが住むエリアに新聞折込を出してしまった
  • 介護施設の案内広告なのに、若者が集うエリアに新聞折込を出してしまった

非ターゲット層の情報をいくら発信しても、反響はありません。

ターゲットに最適なエリアを設定をおこないましょう。

地域によって異なる「折込チラシ」の料金相場に関しては、「自分の地域の相場がわかる!折込チラシ料金相場の調べ方」の記事を参考にしてください。

③チラシのクーポン内容やデザインを変えてみる

新聞折込がターゲット層に届いるのにも関わらず、十分な効果が出ない場合は、チラシの内容やデザインを見直す必要があります。

改善点をチェックしてみましょう。

  • 内容が薄い
  • 情報量が多すぎる
  • 見にくい
  • クーポンに魅力を感じない など

見やすくインパクトのある新聞折込を心がけましょう。

集客力をアップさせるフレーズを使うと効果的です。

購買意欲を高めるフレーズ
  • 「今だけ半額
  • 「〇日までSALE中」など
お店に行ってみたくなるフレーズ
  • 「チラシ持参でおしょう油プレゼント」
  • 「先着100名様にエコバッグプレゼント」など
悩みを解消するフレーズ
  • 「プロ級の味付けに仕上がる調味料」
  • 「油をひかなくても焦げ付かないフライパン」など

このほか、新聞折込の内容やデザインの見直しに関しては、「効果的に集客!売れるチラシの作り方とは?」の記事がおすすめです。

新聞折込は戦略が重要!エリアを絞って効率的に

広告手法のひとつである新聞折込チラシは、エリア戦略が売上に直結します。

十分な効果を実感するためには、正しいエリアにチラシを折り込むことが肝心です。

新聞折込のエリアを決めるポイントは5つあります。

  1. 商圏で決める
  2. 行きやすさで決める
  3. ターゲット層で決める
  4. 顧客情報で決める
  5. 調査結果で決める

また、エリア設定+αの施策を練ることが重要です。

  • エリア内でネタが発生しやすい新聞折込を作る
  • 定期的に同じエリアで新聞折込をすること

エリア内で話題×拡散されそうなコンテンツを心がけましょう。

新聞折込の効果が出ないときは、3つの対処方法を試してみてはいかがですか?

  • 新聞を変えてみる
  • エリアを思い切って変えてみる
  • チラシのクーポン内容やデザインを変えてみる

新聞折込はターゲットに最適なエリアを設定し、戦略的なチラシを制作することが大切です。