資料ダウンロードはこちら

シニアマーケティングの成功事例まとめ!失敗しないコツとは?

少子高齢化の現在、ビジネスチャンスの宝庫としてシニア市場が注目されています。

シニア市場を制するためにはシニアマーケティングが効果的ですが、具体的にどうすれば成功できるか想像しにくいですよね。

この記事では実際のシニアマーケティングの成功事例と、失敗しないためのコツを紹介していきます。

ポイントを意識するだけで、より高い効果を期待できます。

これからシニア向けビジネスを始める人は、ぜひ最後まで読んで継続的な売り上げアップに役立ててみてくださいね。

シニアマーケティングとは

まずはシニアマーケティングの概要をおさらいしましょう。

基本をしっかり押さえることで、より成功しやすい戦略を立てることが出来ます。

シニアマーケティングにおけるシニアとは?

シニアは日本語で「高齢者」と訳され、マーケティングにおいて一般的に65歳以上の男女を指します。

しかし厳密な定義が無いため、業界によっては「60歳以上」「50歳以上」等と定める場合も。

この記事では、内閣府の統計やWHOの表記に則って「65歳以上」をシニアとし、その世代に向けたマーケティングを紹介していきます。

シニア向けビジネスは拡大傾向にある

内閣府の調査によると、2018年時点で65歳以上の人口は、約3,558万人。

人口に占める65歳以上人口の割合は28.1%を記録し、2055年には38%に達するとされています。
それに伴い、シニア向けビジネスの市場規模も拡大傾向にあります。

日本政策金融公庫の調査によると、シニア市場規模は毎年1兆円ずつ拡大傾向にあり、2025年には108兆円にまで拡大する見通しです。

一方、少子高齢化により全体の市場は緩やかに縮小していくことが予想されます。

今後シニア市場は、生き残りをかけたビジネスチャンスの宝庫としてさらに注目されるでしょう。

シニアマーケティングの詳しい定義や方法については「シニアマーケティングとは?戦略的なポイントと詳しいペルソナを解説」で紹介しています。

シニアマーケティングの成功事例からみる3つの特徴

シニアマーケティングの具体的な成功事例を紹介する前に、共通する3つの特徴について解説します。

特徴を意識することで、より効果的にシニアマーケティングが可能です。

①ターゲットの年齢層を絞る

シニアとひとくくりにせず、ターゲットの具体的な年齢層を決めておきましょう。

シニアとは一般的に65歳以上の男女のこと。
100歳代も同じくシニアに分類されるため、35歳〜40歳以上もの幅があります。

20歳と60歳の価値観が全く違うように、シニアも年齢によって様々です。

ターゲットの年齢を絞ったら時代背景を参考に、年齢層によるシニアの価値観や生活様式を調査してみましょう。

②シニアのペルソナに合わせて戦略を立てる

シニアの中も年齢層を絞ったら、ペルソナも設定してみましょう。

シニアマーケティングでは、年齢層とペルソナの両方を考えなければターゲットを正確に設定することは出来ません。

なぜなら、同じ年齢でも就業の有無や健康状態によって生活様式が異なるからです。

シニアのペルソナは大きく分けて以下の4種類があります。

  • 現役シニア
  • アクティブシニア
  • ノンアクティブシニア
  • パッシブシニア

それぞれ見ていきましょう。

積極的に働く現役シニア

近年、定年後も積極的に現役として働くシニアが増えつつあります。

内閣府の調査によると、現在60~64歳の就業率は約70%。
今や70代、80代になっても働き続けることは珍しくありません。

健康寿命が延びる中、今後も現役シニアが増えることが予想されます。

シニアだから年金生活と決めつけず、どの年代にも働いている人がいることを考慮しましょう。

運動が好きなアクティブシニア

アクティブシニアとは、日常的に外に出て仲間と一緒に運動するシニアのことです。

60代に多いですが、中には80代になっても積極的にジムに通うシニアもいます。

アクティブシニアをペルソナとする場合は、ただ商品の魅力を伝えるだけでなく、商品やサービスから得られる仲間や健康的な生活をアピールしてみましょう。

穏やかに暮らすノンアクティブシニア

ノンアクティブシニアとは、家の中で穏やかに過ごすことを好むシニアのこと。

76歳以上の後期高齢者に特に多いタイプです。

身の回りのことは自分でできるものの、健康状態に関する不安や孤独を抱えていることも。

生活上の小さな困りごとや、家族との繋がりにフォーカスしたアピールが求められます。

要介護状態のパッシブシニア

パッシブシニアとは、日常的に第三者の支えが必要な、要介護状態のシニアのこと。

医療や介護サービスなどのキーワードを意識した戦略を立てましょう。

③アナログとデジタル両方を活用する

チラシや新聞などのアナログ媒体は、シニアにとって定番の情報源です。
しかしインターネットの普及に伴い、SNSやWebページを利用するシニアが増えてきました。

また、シニア向けの商品であっても実際の購入者はその子供や孫であることも。

シニアマーケティングでは、アナログとデジタル両方を活用すると効果的です

実際の活用方法については次の章で詳しく紹介していきます。

シニアマーケティングの具体的な成功事例4つを紹介

シニアマーケティングのポイントをおさらいしたところで、実際の成功事例を4つ紹介していきます。

どの事例もアナログとデジタル両方を活用することで、効率的な売り上げアップに繋げています。

成功事例1:イオン

引用:イオンリテール

大手スーパーのイオンでは、シニアの様々なペルソナに合わせた事業を展開しています。

一人一人のニーズに応えることで、誰でも気軽に利用できる地域のインフラのような役割を果たしています。

アクティブシニア向けのイベントを開催

イオンの一部の店舗では、朝のラジオ体操やウォーキングイベントを開催。

お買い物ついでに楽しく健康になれるという考えが、運動好きなアクティブシニアに人気です。

パッシブシニア向けの商品と店舗づくり

パッシブシニア向けの食べやすい食品として「トップバリュ やわらか」シリーズを販売。

介護する側もされる側も、双方が楽しみながら食事ができるよう、パッケージや味にこだわっています。

他にも認知症に関する啓発イベントの開催や、認知症サポーターとして従業員を店舗に配置
パッシブシニアにも優しい店舗づくりを目指しています。

全シニアにうれしい小分け食品を販売

特にシニアが多い地域の店舗では、総菜やスイーツを食べきりやすい小分けサイズにして販売しています。

一人暮らしや、食が細いシニアは、このさりげない工夫一つでリピーターになってくれることも。

地域ごとにチラシを配布することで、アプリを持たないシニア世代にも効果的に特売商品を伝えています。

成功事例2:みまもりほっとライン

引用:象印 みまもりほっとライン

「みまもりほっとライン」は、象印が2001年に発売した電気ポット「iポット(i-xPOT)」を活用した高齢者見守りサービスです。

シニアが電気ポットを使うことで、遠くに暮らす家族に通知が届き、手軽に安否を伝えることが出来ます。

電気ポットの新しい価値を徹底周知

遠隔からシニアを見守るという考え方は2001年当時まだ珍しかったため、さまざまなメディアに広告を掲載した他、新聞やテレビを活用。

最近ではスマートフォン対応のWebページと、漫画形式の新聞広告を発表し、アナログとデジタル両方からアプローチし続けています。

結果、実際に電子ポットを利用するシニアだけでなく、その家族にも広く商品が認知されるようになりました。

成功事例3:やずや

引用:やずや

やずやといえば、「にんにく卵黄」「にんにくしじみ」「発芽十六雑穀」などの健康食品。

創業以降、シニアを中心に絶大な人気を誇っています。

新聞折り込みと通販サイトで相乗効果

やずやは営業部署を持たないので、アナログ媒体や通販サイトなどから集客を行っています。

やずやのチラシを目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

大きな見出しと魅力的なキャンペーンを活用し、シニアの心を掴むデザインが印象的です。

また通販サイトを充実させることで、アナログ媒体には載せきれない商品情報をカバーすることも出来ます。

通販サイトでは操作方法の専用ダイヤルを設置し、インターネットに不慣れな人でも安心して注文できるよう配慮されています。

やずやのような効果的なチラシの作り方は、「効果的に集客!売れるチラシの作り方とは?」をチェックしてくださいね。

成功事例4:プリオール

引用:プリオール

「プリオール」は資生堂から出ている、中高年の女性向け化粧品ブランド。

2015年のブランド立ち上げ以降、50代以降の女性に高い支持を得ています。

ニーズを集約したキャッチコピーで心を掴む

キャッチコピーの「大人の七難すんなり解決」には、シニアが抱える肌のお悩みとニーズが集約されています。

アンケートを活用し実際の使用者の意見を参考にしながら、シニアの心に響く商品を作り上げました。

ブランドの発表時には、折り込みチラシとテレビCMを活用。

ネットショップ機能も備えるランディングページも含め、様々な媒体でキャッチコピーを多用することで、シニアの印象に残りやすいよう工夫しています。

キャッチコピーを活かした販促方法は「売れるキャッチコピーでインパクトのあるチラシを作る3つの方法」を参考にしてみてくださいね。

成功事例を知って効果的にシニアマーケティングをしよう

シニアマーケティングの成功事例と、それらに共通する3つの特徴をまとめてみました。

  • ターゲットの年齢層を絞る
  • シニアのペルソナに合わせて戦略を立てる
  • アナログとデジタル両方を活用する

この3つのポイントを意識するだけで、より高い成果を期待できます。

シニア市場に効果的な戦略で、継続的な売り上げアップを狙っていきましょう。