成功のカギは?効果的なタイアップ広告の事例と制作ポイント4つ

企業がメディアに費用を支払い、自社の商品やサービスを宣伝するPR記事を書いてもらうタイアップ広告。

メディアと提携してPR記事を制作するタイアップ広告は、以下のようなメリットがあることから需要が高まっています。

  • 多くの情報を訴求できる
  • ターゲットを特定しやすい
  • 信頼を得やすい
  • 検索上位を狙いやすい

では、タイアップ広告の効果を最大限に引き出すには、どのようなポイントに注意したらよいのでしょうか。

「タイアップ広告が効率的な4つのケース」と「タイアップ広告を書くポイント4つ」をご紹介します。

タイアップ広告を出稿する前にチェックしておきましょう。

タイアップ広告が効率的な4つのケース

タイアップ広告は、以下の4つのケースにおいて効果的です。

  1. 類似商品やサービスと差別化をしたい
  2. 新商品や新サービスを知ってもらいたい
  3. マイナスイメージを払拭したい
  4. カスタマーの情報収集の場として使ってもらいたい

では、詳しくみていきましょう。

①類似商品やサービスと差別化をしたい

タイアップ広告は、類似商品やサービスと差別化したいときに最適です。

例えば、以下のようなシーンが考えられます。

  • 商品やサービスに大きな特徴がない
  • 競合他社にはない特徴をアピールしたい
  • プレミア感を出したい
  • ブランディングを向上させたい
  • 信頼性を高めたい

また、商品やサービスを差別化するポイントは3つ。

マーケットの差別化 ターゲットを絞り込み、競合他社と違うメディアでアプローチする
価格の差別化 競合他社とは違う価格帯で売り出すため「価格の引き下げ」「価格の引き上げ」をする
品質のよさ ユーザーを満足させる価格×品質で「〇〇といえばA社」とブランディングする

自社商品やサービスのイメージに近いメディアを選択することで、「このメディアに掲載されている商品・サービスなら安心できる」と信頼性が高まります。

また、意図した商品やサービスのイメージを認識させることで、ブランディング効果が期待できます。

②新商品・新サービスを知ってもらいたい

タイアップ広告は、新商品や新サービスを宣伝したいときにぴったりです。

  • 新商品やサービスのPR
  • 認知度の拡大
  • 新規顧客の獲得

情報量が多いタイアップ広告は、新商品や新サービスの特性をより詳しく解説できるため、ユーザーの理解度が高まります。

ターゲットを絞ったメディアに掲載することで、短期間で多くのユーザーへ情報を届けることが可能です。

③マイナスイメージを払拭したい

タイアップ広告は、マイナスイメージを払拭する効果も期待できます。

マイナスイメージを払拭するために効果的な情報はさまざまです。

  • 口コミ
  • レビュー
  • 写真

ユーザーは商品・サービスを購入する際、第三者が発信する情報を参考にすることが多くあります。

記事内に信頼できる情報を盛り込むことで、ユーザーの購買意欲を高めることが可能です。

④カスタマーが情報を集める場として使ってもらいたい

商品やサービスの情報量が多すぎる場合は、信頼できる情報を見分けるのが難しくなります。

企業 正確な情報を届けたい
ユーザー 商品やサービスを吟味したい

ネット上に散乱した情報を、ユーザーにとって有益な情報として編集したタイアップ広告は、企業とユーザー両者のニーズを叶えてくれます。

効果的なタイアップ広告を書くポイント4つ

効果的なタイアップ広告を書くための、4つのポイントを紹介します

  1. ターゲットを絞り込む
  2. ベネフィットをタイトルに盛り込む
  3. 説得力のある数字を使う
  4. 図表や画像で分かりやすく表現する

では、具体的にどのような点に注意したらよいのでしょうか。

タイアップ広告を書く際に最低限抑えておきたいことをまとめてみました。

ポイント①ターゲットを絞り込む

タイアップ広告を制作する際には、まずターゲット層を絞りこむ必要があります。

ターゲットを絞り込む際は、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 年齢層
  • 性別
  • 家族構成
  • 勤務形態
  • 居住地域
  • 趣味
  • 利用する時間帯

より具体的にターゲット層を絞り込みペルソナ像を設定することで、自社商品やサービスに最適なメディアを選ぶことができます。

インターネット上には、さまざまなメディアが存在。

  • ファッション
  • グルメ
  • 投資
  • ビジネス
  • 子育てなど

タイアップ広告を成功させるポイントは、ターゲット層が多く集まる媒体にタイアップ広告を出すことです。

媒体によって異なるターゲットを見極め出稿することで、特定のターゲット層へ効率的にアピールすることがができます。

ポイント②ベネフィットをタイトルに盛り込む

1人でも多くのユーザーに記事を読んでもらうコツは、タイトルにどのようなベネフィットがあるのかを伝えることです。

タイアップ広告の内容は大切ですが、タイトルにインパクトを付けてクリック数を増やす工夫をしましょう。

悩みや課題を解決する 「~のテクニック」「~の方法」「~の秘訣」「~な人必見!」
具体的にどう役立つのか 「メリット」「ポイント5つ」「注意点」
ターゲットを絞る 「初心者」「上級者」「〇〇に困っている人」

ただし、あおり過ぎたタイトルはつけないようにしましょう。

大げさすぎるタイトルをつけると、以下のようなことに繋がるので注意が必要です。

  • 商品やサービスの信頼度が低下する
  • メディア自体の信頼度が低下する

タイトルを設定する際は、記事の中で最も伝えたいこと=最大のベネフィットを盛り込みましょう。

ポイント③説得力のある数字を使う

説得力のあるタイアップ広告を制作するポイントは、具体的な数字を用いることです。

商品やサービスの効果 「初回30%OFF」「従来に比べて〇円オトク」
具体的に達成できそうな数字 「-5kg」「20%アップ」
情報量の提示 「3ステップ」「5選」「ポイント4つ」

記事内には、商品やサービスのベネフィットを伝える信ぴょう性の高い数字を示しましょう。

  • 累計販売数100万個突破!
  • 4999円オトク
  • 初回35%OFF
  • 初回全額返金保証 など

より多くのデータを活用して、ユーザーにとって説得力ある内容に仕上げましょう。

ポイント④図表や画像で分かりやすく表現する

商品やサービスを分かりやすく表現するポイントは、画像を見やすく配置することです。

  • 商品やサービスの写真
  • 使用シーンの写真
  • イラスト
  • 図表 など

本文中で複数の数字を扱う場合は、できるだけ表にまとめましょう。

ユーザーに視覚的に分かりやすく情報を伝えることができます。

また、タイアップ広告のアイキャッチ画像は、タイトルと同じくらい重要な役割を担っています。

アイキャッチ画像を選ぶポイントは4つです。

  • 記事のテーマを示唆する画像
  • 3Bの法則=「美人(Beauty)」「赤ちゃん(Baby)」「動物(Beast)」
  • 風景画像
  • インパクトのある画像

ユーザーが思わずクリックしたくなるような画像を配置しましょう。

タイアップ広告の成功事例3つ

効果的なタイアップ広告には、3つのポイントがあります。

  1. 特化型メディア
  2. 連載企画
  3. アンケート調査

ユーザーが不信感を抱くことなく正しい情報を届けるには、具体的にどのような工夫が必要なのでしょうか。

タイアップ広告の成功事例を参考にみていきましょう。

①特化型メディア

タイアップ広告の目的は、メディアとタイアップをすることではありません。
PRしたいターゲットに対して、自社商品やサービスの情報を届けることです。

アピールしたい商品やサービスに合わせて、特化型メディアを選択しましょう。

以下に実際の例を示します。

アピールしたい商品やサービス 掲載メディア例 ターゲット
育毛や脱毛商品 NEWSポストセブン/株式会社小学館 30代後半~50代を中心とした都会型の男性ビジネスマン
旅行 キャリコネニュース/株式会社グローバルウェイ 20代~30代男女を中心としたMARCH以上の購買意欲の高い社会人
日焼け止め mamagirlWEB(ママガールウェブ)/株式会社エムオン・エンタテインメント 20代後半~30代の美意識が高いママ

特化型メディアを上手に活用して、効果的なタイアップ広告を出稿することが大切です。

メディア自体が持っているブランド力は、商品やサービスを宣伝するときに大きな武器となります。

有効活用するためにも、より信頼性の高いメディアを選択しましょう。

②連載企画

タイアップ広告は、基本的に提携したメディアに1つの記事を掲載して終了です。

しかし、商品やサービスの理解度を高めるには、継続した情報を発信することが効果的。
連載を企画するのも良い方法ですね。

  • 同ブランド×別商品やサービスの紹介
  • 著名人やインフルエンサーを起用した対談
  • ユーザーを交えたイベントレポートなど

同じ商品やサービスのタイアップ記事でも、クローズアップの仕方によってまったく見え方が違います。

複数回に分けてユーザーにアピールする連載を企画してみましょう。

アンケート調査

単なるタイアップ広告ではなく、ユーザーに「もっと知りたい」と思わせる工夫が必要です。

  • 読者アンケート調査を活用した記事
  • サンプリングキャンペーンの実施

アンケート調査をベースした記事には、さまざまなメリットがあります。

  • 独自性の高いコンテンツに仕上がる
  • 客観性の高い数字を提示することで信頼度が高まる
  • ユーザーの関心を惹く内容=SNSで拡散されやすい

商品やサービスを利用したユーザーのリアルな声を届けることは、新規顧客の獲得や購買意欲の喚起に繋がります。

サンプリングキャンペーンと読者アンケートを有効活用して、効果的なタイアップ広告を制作してみましょう。

単なる広告ではないタイアップ広告で効率的にアプローチ!

タイアップ広告について解説しました。

タイアップ広告の効果や費用に関してはタイアップ広告とは?効果や料金を左右するポイントを解説をチェックしてください。

メディアと提携してPR記事を制作するタイアップ広告は、以下の4つのケースにおいて効果的です。

  1. 他社と差別化をしたい
  2. 新商品や新サービスを知ってもらいたい
  3. マイナスイメージを払拭したい
  4. カスタマーの情報収集の場として使ってもらいたい

情報量が多いタイアップ広告は、商品やサービスの特性を詳しく解説できるため、ユーザーの理解度が高まります。

また効果的なタイアップ広告を制作するポイントは4つあります。

  • ターゲットを絞り込む
  • ベネフィットをタイトルに盛り込む
  • 説得力のある数字を使う
  • 図表や画像で分かりやすく表現する

単なるタイアップ広告ではなく、ユーザーが不信感を抱くことなく正しい情報を届ける工夫が必要です。

成功事例を参考にして、より効果的なタイアップ広告を制作しましょう。