チラシのポスティング費用は節約できる!押さえるポイントを解説

「チラシのポスティングを行うことになったけど、どれぐらい費用がかかるの?」
「チラシで集客したいけれども、ポスティング費用はどうやったら節約できるのかな?」

そんな疑問はありませんか。

チラシのポスティングにかかる費用は、実際にポスティングを行う費用だけでなく、デザイン料や印刷料もかかってきます。

この記事ではポスティングにかかる費用を解説。
節約するポイントもあるので、チラシでの集客を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

チラシのポスティングにかかる基本費用3つ

チラシのポスティングにかかる費用は、基本的に3つに分けられます。

  1. デザイン代
  2. 印刷代
  3. ポスティング代

それぞれ見ていきましょう。

①デザイン代

デザイン代として、デザイン会社に依頼した場合は約2ー5万円かかります。

プロに頼むこともできますが、最近では自分でデザインすることも比較的簡単になってきました。

節約したい場合は、社内でデザインコンペなどもいいですね。

②印刷代

チラシの印刷代は片面で1枚約2-3円で行っていることが多いです。

カラーであったり、両面印刷になると高くなる傾向にあります。
また印刷代は5,000枚や10,000枚などロット数が大きいと割引されることがあります。

例えば片側1面、A4サイズ、コート紙のチラシの印刷料金を見てみましょう。

部数 価格 1枚あたりの値段
100部 2,400円 24円
500部 3,000円 6円
1,000部 5,300円 5.3円
5,000部 13,000円 2.6円
10,000部 20,400円 2.04円
50,000部 92,700円 1.854円

参考:リアルメディアジャパン

この料金表は参考です。
会社によって値段が異なるので注意してください。

100部印刷するのと50,000部印刷するのを比べると、1枚あたりの値段が約13倍も異なることがわかります。

ロット数が多ければ多いほど、1枚あたりの値段が安くなる傾向です。
長期的にチラシのポスティングを計画している場合は、一度に多く印刷することで節約につながりますね。

②ポスティング代

ポスティング代は基本的に人件費です。

社内のマンパワーを利用して行うのであれば、費用はかかりません。
しかしポスティングに関しては素人なので、専門的な業者に頼むのであればポスティング業者に頼むことになります。

ポスティング業者は価格だけで選ばないようにしましょう。

基本料金は安く、オプションがついて高額になることも。
またポスティング業者を選ぶ場合は、きちんと教育体制がある業者を選ぶようにしましょう。

チラシのポスティング費用をさらに深堀

チラシのポスティングにかかる費用のほとんどが、実際にポスティングを行う人件費です。

ポスティングの方法は大きく分けて、ローラー配布とセグメント配布です。

チラシをポスティングするエリア全体に配る方が、ポスティング業者にとってはチラシを配布しやすいので、費用が抑えられる傾向にあります。

またエリアやチラシのサイズによっても費用が変わることも。
ポスティングの費用についての、さらに細かい内容を紹介していきます。

ポスティングの範囲による費用の違い

ポスティングを指定のエリア全域に行うのか、居住している建物に絞って配布するのかによっても値段が異なります。

ここでは、ローラー配布(軒並み配布)とセグメント配布について解説します。

ローラー配布

軒並み配布とも言われます。
指定のエリアであれば、マンションや戸建て、会社やテナントビルなどの区別はしません。

ターゲットは絞れませんが、配布スピードが早いことが魅力的。
短時間で大量に配りたい場合や費用を抑えたい場合にはおすすめです。

セグメント配布

セグメント配布は、集合住宅配布と戸建配布にさらに分けられます。

集合住宅配布は、マンションやアパート、社宅などの住宅に配布し、戸建て配布は一戸建てに限定して配布します。

無駄打ちがないので、無駄なチラシがなくなるのが特徴です。
しかし、その分ローラー配布よりも時間がかかり費用は高くなります。

地域性による費用の違い

東京や大阪などの居住地が密集している都市部の方が、地方エリアよりもポスティグ費用が安い傾向にあります。

理由としては、居住地が密集しているのでポスティングを効率的にかつ大量に一度にできるからです。

地方や居住地域が点在している場所では、チラシのポスティングは時間がかかり非効率になるので、あえて料金を設定していない業者もあります。

また、地域によって細かく設定している業者もあります。

ある業者では、東京23区の単価を基本料金として、調布市や西東京市、神奈川の川崎市など東京23区の近郊地域では基本料金にプラス1円。

さらに東京23区から離れた千葉県の我孫子市や、東京都の八王子市、神奈川県の海老名市では東京23区の基本料金にプラス3円など。

チラシを配るターゲットによって、配るエリアを戦略的に考えましょう。

チラシのサイズによる費用の違い

ポスティングするチラシのサイズによっても配布費用が異なります。

例として横浜市神奈川区のポスティング料金を比較してみましょう。

サイズ ローラー配布 集合住宅 戸建配布
A6まで 5.5円 6.5円 9.5円
B5まで 6.0円 7.0円 10.0円
A4まで 7.0円 8.0円 10.5円
B4まで 8.0円 9.0円 11.0円
B3まで 9.0円 10.0円 12.0円

参考:リアルメディアジャパン

これは一例で、依頼する業者や枚数などによっても、値段が変わることがあります。

一般的に大きいサイズのチラシの方が、配布にかかる費用が高いことがわかります。

チラシのポスティングは他の広告媒体よりもお得?

チラシのポスティングにかかる費用は、他の広告媒体と比べてお得なのでしょうか?

ここでは、新聞折り込みとダイレクトメールと比較してみます。
値段だけではなく、ターゲットや反響率、費用を考えて最適な広告媒体を選ぶことが重要です。

チラシのポスティング費用は新聞折り込みより高い

新聞折り込みは、チラシのポスティング費用よりも比較的安い傾向になります。

しかし新聞を購読している層にしか届かないので、ターゲット層を絞りにくい面があります。

また新聞の折り込みチラシは、中身を見ずに他のチラシと一緒に捨てられることも。
折り込みチラシであれば、確実に手にとってもらえる可能性が高くなります。

チラシのポスティング費用はダイレクトメールより安い

ダイレクトメールは、中のチラシの印刷だけでなく宛名の印字や郵送代までかかるので、1通あたりの単価が高くなります。

しかしダイレクトメールは、ターゲットを細かく絞ることができるので、反響率を上げることを考えるととても効率的です。

安ければいい!?チラシのポスティングを業者に頼む場合の注意点3つ

実際にチラシを用意したら、あとは配るだけです。
ここではチラシの配布業者に関して説明します。

基本料金が安すぎるところは注意が必要なので、きちんと確認してから頼むようにしましょう。

①教育体制や管理体制を確認

安ければ安いほど良いわけではありません。

スタッフの管理体制や教育体制が悪ければ、チラシの大部分をゴミ箱に捨てられたり、ポスティング禁止の場所にまでポスティングを行い裁判沙汰になったりすることもあります。

しっかりとポスティング禁止の場所なども把握し、社員への教育を行っている業者を選ぶようにしましょう。

②オプションの有無

「地域最安値!」「激安」などの言葉に注意が必要です。

基本料金がとても安く、オプション料金で結果高くつく場合があります。
基本料金に含まれる内容や配布部数、配布エリア、配布期間などの細かい部分まで確認するようにしましょう。

③費用対効果を確認する

ポスティング業者に頼む場合は、費用対効果をしっかり確認する必要があります。

ポスティング費用ばかりかさみ、あまり商品やサービス、集客につながらない場合は業者に頼むのが最適ではありません。

社内のマンパワーでポスティングを行うことや他の業者に頼むことも考えてみましょう。

結論!しっかり見積もろう

ポスティング業者を選ぶ場合は、しっかりと見積もることが重要です。

業者によってはデザインや印刷、ポスティングまで一貫してやってくれるところもあるので、全て任せたいという場合は誠実な業者を選ぶようにしましょう。

実際に調べてみた!チラシのポスティング費用を比較

チラシのポスティング会社はさまざまです。

チラシのポスティング方法でも値段は変わってきます。
今回は以下の配り方でポスティング業者社を比べてみました。

  • 軒並配布(ローラー配布):基本的な配布方法。ポスティングを行うエリア全体に配ります。住宅なのか事業所なのか等の区別はなく、エリア内の全てにポスティングを行います。会社によっては世帯数が約87%程度と設定しているところもあります。
  • 集合住宅配布:マンションやアパート、社宅など居住している集合住宅に絞った配布方法。一戸建てには配布しません。
  • 戸建配布:エリア内の一戸建物件にのみにポスティングする方法。戸建てにすむファミリー層をターゲットとした場合に効果的。

さらに以下の条件で調べてみました。

  • 東京23区内
  • チラシ1枚あたりの配布量(デザインと印刷代は含まない)
  • A4サイズ
A社 B社 C社
軒並配布 2円 5円 4.5円
集合住宅配布 3円 6円 8円
戸建配布 4円 8.5円 18円

参考:関東配布リアルメディアジャパンエリアサポート

ポスティング業者によって値段はさまざまであることがわかりました。

今回調べた結果は一例であり、枚数や見積もり等によって割引もあります。

そのため、しっかり見積もることが重要です。

ポイントを押さえてチラシのポスティング費用を検討しよう

チラシのポスティングにかかる費用に対して解説しました。

基本的にポスティングにかかる費用は以下の3つです。

  • デザイン料金
  • 印刷料金
  • ポスティング料金

さらにエリア全体に配るのか、居住している建物に絞って配るのかによっても値段が変わります。

専門的なポスティング業者に頼むのであれば、見積もりをしっかり行い、信頼できる会社を選んでください。

サイズやエリアなど節約するポイントを知って、効果的なチラシのポスティングを行い集客しましょう。

チラシのポスティングについて更に詳しく知りたい方は以下の記事も併せてチェックしてみてくださいね。
>>チラシのポスティングは集客できる?反響率や業者の選び方を紹介!
>>効果的に集客を!チラシのポスティングの押さえるべきコツを紹介