今すぐ無料ダウンロード

フリーペーパーでの広告効果を高めるポイントは?メリットを紹介!

無料で広く配布されるフリーペーパーには、メリットがたくさん!

地域を絞って活用できる、効果的な広告手段だといわれています。

「でも、フリーペーパーに広告を出した経験がないから、注意点がわからない」という企業の担当者は多いのではないでしょうか。

この記事では、フリーペーパー広告の効果的な配布方法と、広告を出すことによるメリットとデメリットを解説します。

フリーペーパーによる広告効果を高めて、コストパフォーマンスの高い集客をしましょう。

効果が期待できるフリーペーパー広告の配布方法

フリーペーパーは、配布する地域やターゲットによって種類が異なります。

フリーペーパーに広告を掲載し、高い広告効果を得るためには、ターゲットの持つ特性と届けたい情報の内容に応じて、適切な配布方法を選ぶことが重要です。

ここでは、2つの配布方法について解説します。

フリーペーパーの配布方法は、大きく分けて2通り。

PUSH(プッシュ)型 対象者を絞った配布型
PULL(プル)型 置いてあるだけで読んでもらえる知名度型

それぞれ詳しく見ていきましょう。

プッシュ型

PUSH(プッシュ)型は、対象者を絞り込んで配布する方法です。

具体的には、3つの方法があります。

配布方法①:新聞折り込み

新聞折り込みは、新聞の折り込み広告と一緒にフリーペーパーを届ける方法です。

地域の絞り込みを重視する配布に効果を発揮します。

新聞折り込み広告には、メリットが3つあります。

  1. 配布したい地域をピンポイントで決められる
  2. 指定した地域を担当する新聞配達店がフリーペーパーを配布してくれる
  3. 朝夕購読している新聞とともにフリーペーパーが届けられるので、配布の確実性が高い

地域性の高いフリーペーパーを配布する際、新聞折り込みを利用すると手間や時間を節約できます。

ただし昨今は、若年層を中心に新聞を購読していない人が増えています。

新聞購読しない層には届けられないことも念頭に置いておきましょう。

配布方法②:ポスティング

ポスティングは、フリーペーパーを個々の家庭のポストに直接届ける方法です。

ポスティングには、メリットが2つあります。

  1. 直接ポストに届けることで、配布したい地域をピンポイントで選択できる
  2. 新聞配達店が取り扱う新聞の種類を考慮する必要がない
  3. 新聞を購読していない層にも届けられる

ポスティングの配布方法は、大きく分けて2通りです。

  1. ポスティング業者に依頼する方法
  2. 自社スタッフの手により直接配布する

ポスティング業者に依頼する場合、配布地域と配布件数を指定するだけで、あとはすべて業者に任せられます。

どこまで細かく配布方法を指定できるかどうかは、業者ごとに対応が異なるため確認が必要です。

自社スタッフの手により直接配布する場合は、配布条件を細かく設定できます。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 配布地域
  • 配布件数
  • 住居タイプ など

ターゲット層が多く暮らす地域を絞って配布条件を変更しましょう。

ポスティングにはマンパワーが必要ですが、広告を配布する地域を事前に歩いてリサーチすると、さらに広告の効果が高まります。

配布方法③:直接手渡し

直接手渡しは、その名の通り、読者に直接手渡しする方法。

以下のような企業におすすめです。

  • フリーペーパーに広告を掲載し、それを多数のターゲットに確実に届けたい
  • 口コミを重視している

直接手渡しには、2つのメリットがあります。

  1. フリーペーパーを手に取った人に読んでもらえる
  2. フリーペーパーを手に取った人の友人・知人に興味を持ってもらえる

たとえ無料であっても、見知らぬ先から届いたフリーペーパーには、興味を感じないこともあるでしょう。

しかし、親しい人のリアクションをきっかけに、「ちょっと読んでみようかな」と手に取る可能性も考えられます。

直接手渡しは、人間関係を活用した配布する方法です。

プル型

PULL(プル)型は、置いてあるだけで読んでもらえる知名度型の配布方法です。

具体的には、2つの方法があります。

配布方法①:ラック設置

ラック設置とは、人通りの多い場所にフリーペーパーのラックを設置する方法です。

具体的には、以下のような場所に設置されます。

  • コンビニ
  • スーパー
  • 駅など など

ラック設置には、メリットが2つあります。

  1. 発行したフリーペーパーを知っている人や、興味のある人が自分から持ち帰る
  2. 必要としている読者の手元に届く

知名度に左右されるフリーペーパーですが、配布時の工夫によって手に取ってもらえる可能性が高まります。

たとえば、以下のようなケースです。

ターゲット層 配布場所 工夫
特定地域の若いお母さん 該当地域の幼稚園や保育園 ターゲット層がよく立ち寄る場所にフリーペーパーのラックを設置した
食生活を見直したい中高年層 医院の待合コーナー など 比較的、長く目にとまる場所にフリーペーパーのラックを設置すると、待っている間に目にとまりやすい

ラックに配置されたフリーペーパーは、需要がないと残ってしまいます。

できるだけターゲットが手に取りやすい場所に設置しましょう。

配布方法②:特定の施設に配布

一定の読者がいる特定の施設に向けて、定期的に配布する方法もあります。

具体的には、以下のような施設です。

  • オフィス
  • 保育園
  • 幼稚園
  • 病院
  • 健康施設 など

ターゲット層が多く出入りする施設では、フリーペーパーの需要が高まります。

フリーペーパーの内容に合わせて、配布場所を検討しましょう。

フリーペーパーに広告を出すメリット

フリーペーパーの広告効果を高めるコツは3つです。

  1. 届けたい地域やターゲットの属性をしっかりと把握する
  2. ターゲット層にマッチしたフリーペーパーを選ぶ
  3. 最適な配布方法を利用する

ここでは、フリーペーパーに広告を出稿する前に知っておきたいポイントを紹介します。

  • フリーペーパーの特徴
  • フリーペーパーのメリット
  • フリーペーパーのデメリット

基本的なことからしっかり押さえておきましょう。

メリット①:ターゲットを絞り込める

フリーペーパーは、ターゲットに合わせた内容で制作しています。

  • 性別
  • 年齢
  • 家族構成
  • 趣味
  • ライフスタイル
  • 居住地域 などのターゲット など

新聞や雑誌のように「広い地域」「幅広い読者層」を対象として制作されていません。

たとえば、以下のようなテーマが考えられます。

  • 美容・ファッション・メイク
  • 飲食系
  • エンタメ系
  • 住宅系 など

まずは、出稿したい広告の商品・サービスのターゲット層をしっかり見極めることが大切です。

  • 育児中の主婦
  • 高校生/大学生
  • ミドル/シニア
  • 富裕層 など

ターゲットが求めている情報を適切に提供すれば、自然に広告を見てもらえる可能性が高まるでしょう。

メリット②:地域密着によりリピーターが育つ

フリーペーパーは地域密着の性格が強いメディアです。

継続的に配布することで、対象とする地域の人々に認知されやすくなります。

たとえば歴史あるフリーペーパーの特徴です。

  • 一定の発行部数がある
  • 地域に根ざした情報・話題を発信している
  • 定期的に読むことを楽しみにしている読者がいる

お店の集客目的であれば、来店してほしい地域に配布されるフリーペーパーに広告を出すことで、読者がリピーターとなってくれる可能性も高まります

割引など、特典があるクーポンの発行で集客増を図ることも必要ですが、一時的な効果にすぎません。

長期的なビジネスの発展と安定のためには、リピーターを増やしていくことが重要です。

メリット③:多くの人に届けられる

フリーペーパーには、多くの人に見てもらえる理由があります。

  • お金を出してまで買おうと思わないけれど、無料ならば読んでみたい
  • 無料なので抵抗なく手に取れる
  • 読者が有益だと思う情報が載っている
  • 身近なところで配布しているので、目につきやすい など

興味を持って自ら手にするフリーペーパーは、記事の内容はもちろん、広告も抵抗なく受け入れてもらえます。

他の広告手段に対して、比較的リーズナブルな費用で情報発信することが可能です。
結果として、より多くの人に届けられるのもフリーペーパーの魅力。

広告に掲載したい商品やサービスに最適なフリーペーパーを見つけてみてはいかがですか?

フリーペーパーはさまざまな配布方法が用意されているため、新聞を購読していない層にも広告を伝えられます

メリット④:他のチラシに埋もれにくく目立つ

街頭で配布したチラシやポスティングされた広告は、読まれることなく捨てられてしまうことも少なくありません。

フリーペーパーの場合は、他のチラシに埋もれにくい理由があります。

  • 自分の興味のある情報が掲載されているから
  • 雑誌のような体裁をしていることが多いので、一枚モノのチラシと比べると、明らかに見た印象が異なっていて目立るから

同じ無料でも、チラシは簡単に捨てられるようなシーンであっても、フリーペーパーは比較的捨てられにくく、一旦は手元に残してもらえて読まれる可能性が高まります

新聞折り込みで配布する場合でも、チラシはひとまとめで扱われますが、フリーペーパーは別の扱いを受けることが多いです。

メリット⑤:コストパフォーマンスがよい

フリーペーパーは、複数の企業(数社~数十社)の情報を集約し、広告を掲載する企業からの掲載料で制作と配布をおこないます。

その結果、おおよその傾向として、チラシのポスティングや新聞折り込みを利用するよりも、安いコストで広告を掲載することが可能です。

フリーペーパーとチラシポスティングの費用を比較してみましょう。

詳細 料金
フリーペーパー 関東のある地域で10万部を発行・配布する
  • 掲載料は50,000円
  • 配布1部あたりのコストは0.5円
チラシポスティング 10万部のチラシを、デザイン、印刷、配布まで依頼する
  • おおよその金額は300,000円前後
  • 1部あたりのコストは3円

フリーペーパーは、多くの人に対して安く情報を届け、コストパフォーマンスがよい媒体ということがわかりますね。

チラシのポスティング料金に関しては、こちらをご確認ください。
>>チラシのポスティング費用は節約できる!押さえるポイントを解説

メリット⑥:クーポンなどで引き付けやすい

フリーペーパーの広告面に割引クーポンなどの特典を掲載することで、来店を促進できます。

同じ地域、同じ業種のお店の場合、フリーペーパーの紙面上で同列に比較されがちですが、読者にわかりやすいメリットを提示することで、他店との差別化を図れます

たとえば、以下のような点です。

  • 有資格者が多数在籍
  • 口コミで高評価
  • リピーター率〇% など

ただし割引クーポン狙いのお客さんが増えたり、利益率が低下したりすることが予想されるので、扱いには注意が必要です。

メリット⑦:広告会社に任せられる

広告会社に依頼せずにチラシを配布する場合、さまざまな業務が発生します。

  • 企画の立案
  • デザイン
  • 印刷会社とのやりとり
  • ポスティングや新聞折り込みの手配
  • スケジュールの管理 など

本業の域を超える作業や慣れない仕事が増えるため、時間がかかり効率が落ちてしまうことも。

一方、フリーペーパーに広告を掲載する場合は、すべての作業をフリーペーパーの発行元企業に丸投げできます。

  • 紙面に掲載する写真の撮影
  • 広告面のデザイン
  • 配布 など

広告以外のコア業務に集中すれば、結果として業績アップにつながります。

フリーペーパーを扱う広告代理店は、こちらに掲載しています。
>>紙媒体の広告代理店を選ぶポイントは?おすすめの代理店7社

フリーペーパーに広告を出すデメリット

たくさんのメリットがあるフリーペーパーですが、広告を出すことによるデメリットもあります。

ここでは、フリーペーパー広告の特性と、そのデメリットを紹介します。

正しい対策方法と併せてチェックしてみましょう。

デメリット①:情報量が少なく鮮度も保ちにくい

フリーペーパーは、紙面に多数の企業や店舗の広告を掲載するため、1件あたりの広告スペースがそれほど大きくありません。

そのため記載できる情報量が限られてしまいます。

  • 店舗名
  • 住所
  • 連絡先
  • 写真
  • 紹介文
  • クーポン など

厳選した情報を掲載しますが、ターゲットへの訴求力は他の媒体に比べて弱いです。

また、フリーペーパーが毎月1回発行サイクルの場合、次の号の発行まで最大1カ月間ほど開いてしまいます。

タイムリーな情報を届けることが難しくなり、すでに発信した情報の訂正や変更も困難です。

デメリット②:ターゲットではない層にも配布される

フリーペーパーは、地域を絞った配布が可能です。

ただし、ターゲットの属性に関しては完全に絞り込めないことがあります。

  • 主婦
  • 学生
  • 富裕層 など

ポスティングや新聞折り込みは、本来ターゲットと想定していない人にも配布する可能性も。

ターゲットを絞り込めないフリーペーパーは、広告費の無駄遣いを招いてしまうことがあります。

デメリット③:横並びで目立たない

フリーペーパーは、読者の利便性を高めるために、企業や店舗をジャンルごとにまとめて掲載します。

  • 美容系
  • 飲食系
  • 不動産系
  • 求人系 など

読者の視点からすると、欲しい情報にアクセスするために便利です。

しかし、掲載される側からすると同じ業種・業態間で簡単に比べられてしまうため、差別化しにくいことも

そこで他店との差別化を図るため、割引クーポンなどの特典に頼ってしまうケースが多いです。

割引クーポンを発行すると一時的に来店客数を増やすことはできますが、利用は一時的であることが多く、なかなかリピーターにつなげることはできません。

デメリット④:集客できるまで時間がかかる

ターゲットである読者に認知してもらうためには、1回だけの掲載ではなかなか難しく、定期的に継続して広告を掲載する必要があります。

掲載を継続することによって、徐々に読者の記憶に残って認知され、集客につながっていきます。

具体的に集客率アップするまでには、相応の時間を要するでしょう。

デメリット⑤:クーポン目当てのお客さんが増える

デメリット③の「横並びで目立たない」でも触れましたが、割引などの特典がついたクーポンを用意すると、その特典を目当てにしたお客さんが来店して、一時的に集客効果がアップします。

ただし、クーポン目当てのお客さんが継続して来店してくれるリピーターになるかどうかは、クーポンによる特典ではなくお店の力にかかっています。

  • クーポンがなくても、また来店したいと思える商品/サービスの魅力
  • ポイントカードの配布
  • 次回の来店特典 など

またクーポンによってなされた集客は、利益率の低下を招く可能性があるので、注意しましょう。

フリーペーパー広告の効果を高める5つのポイント

読者に受け入れやすいフリーペーパー広告。

掲載するフリーペーパーを選ぶポイントは2つあります。

  1. 反響率
  2. 発行部数

同じくらいの発行部数の場合は、反響率のよい方を選びましょう。

また、掲載時の見せ方によって反響は異なります。

ここでは、フリーペーパー広告の効果を高めるポイントを紹介します。

ターゲットに合わせて出稿するフリーペーパーを決める

媒体選びは、フリーペーパー広告の効果を高めるカギを握っています。

ターゲットに合わせて、最適な媒体を選びましょう

  • 地域
  • 職種
  • 趣味
  • 配布方法
  • 配布場所 など

PRしたい商品やサービスと相性のよいフリーペーパーを徹底リサーチしましょう。

特に、中高年層をターゲットとした広告は、紙媒体がベストです。

  • スクール
  • お稽古
  • スポーツクラブ など

紙媒体のメリットを最大限に生かしたアプローチ方法を検討しましょう。

  • 安心感/信頼感があるから
  • 何度も見直せるから
  • 扱いやすいから など

媒体選びに関しては、こちらの記事を参考にしてください。
>>拡販誌とはフリーペーパーの一種!タブロイド紙との違いを紹介

訴求できる文章

フリーペーパーの広告掲載は、スペースが限られています。

必要な情報をピックアップして掲載しましょう。

  • 店舗情報
  • 新商品の特長
  • 特典 など

情報を詰め込みすぎると、読みにくくなってしまいます。

読者の視点から、見やすさを重視して原稿を制作しましょう。

ただし、広告を見た読者が起こす次のアクションに必要な情報は絶対に欠かせません。

電話をかけて問い合わせする
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お店のURL
  • QRコード など
チラシを持参して来店する
  • 地図
  • 住所
  • お店のURL
  • クーポン情報 など
HPやSNSにアクセスする
  • 店舗名
  • お店のURL
  • SNSのアカウント情報 など

これらの情報は、読者の見えやすい場所に設置することが重要です。

初回来店を促すには、以下の方法を検討しましょう。

  • チラシ持参プレゼント
  • 初回限定のサービス
  • 割引クーポン など

読者にとってメリットのある情報は、集客力アップにつながります。

Web広告と連動させる

スマホの普及により、フリーペーパーを手にした読者は来店前にWebを閲覧することが習慣化しています。

①フリーペーパー 新たな情報を認知する
②Web 興味を持つ
③問い合わせ/来店 行動する

読者がフリーペーパーからWebへスムーズに遷移できる工夫を凝らしましょう。

  • QRコードを掲載する
  • お店のURLを掲載する
  • SNS情報を掲載する など

Web上では、紙面では紹介できなかった詳しい商品やサービスの内容を紹介できます。

まずは読者に興味を持ってもらうことが大切です。

ホームページやSNSには、必要な情報を見やすく掲載しておきましょう。

紙媒体とWebの活用方法は、こちらでも紹介しています。
>>クロスメディア戦略のメリットや重要性は?具体的な成功事例も紹介

値段で出稿するスペースを決めない

フリーペーパーは、広告に掲載したい商品やサービスのジャンルを基準に選びましょう。

掲載料金の値段で出稿するスペースを決めてはいけません。

フリーペーパーを選ぶ基準は4つあります。

  1. 宣伝したい商品やサービスと同じジャンルのフリーペーパーを選ぶ
  2. 発行している期間が長いフリーペーパーにする
  3. フリーペーパーの紙質は気にしない
  4. 広告費の相場を把握してから予算を決定する

商品やサービスのターゲット層が読んでいないフリーペーパーを選んでしまうと、広告を掲載しても反響を得られません。

また、同じくらいの費用であれば、長く発行しているフリーペーパーを選びましょう。

人気と実績があるフリーペーパーは、安心して依頼できます。

フリーペーパー広告の費用や掲載のポイントに関しては、こちらもご確認ください。
>>フリーペーパーの広告費について【掲載の仕方や費用を徹底解説】

効果測定をおこなう

フリーペーパーの効果測定には、さまざまな方法があります。

QRコード  

  • QRコードを読み込んだ人のアクションを記録できる(申し込み/参加エントリー/購入)
クーポンを載せる
  • クーポン利用時や、クーポン券を見て電話で問い合わせがあった数を集める
コールドトラッキング
  • 電話がかかってきた時に下記のデータを計測・記録できる

このほか、CPR法でも効果測定できます。

CPRとは、コンバージョン1件につきかかっているコストのこと。

計算式は、以下の通りです。

広告費÷設定したコンバージョン数=CPR

効果測定に関する詳しい手順は、こちらをご確認ください。
>>紙広告で効果を得るには?効果測定の方法も併せてご紹介

フリーペーパーに広告を出すメリットは「地域性」

この記事では、フリーペーパーの効果的な配布方法とメリット・デメリットについて解説しました。

さまざまな配布方法のあるフリーペーパーを活用して、効果的に集客しましょう。

PUSH(プッシュ)型 対象者を絞った配布型
  • 新聞折り込み
  • ポスティング
  • 直接渡し
PULL(プル)型 置いてあるだけで読んでもらえる知名度型
  • ラックを設置
  • 特定の施設に配布

フリーペーパーの効果を高めるポイントは3つあります。

  1. 届けたい地域やターゲットの属性をしっかりと把握する
  2. ターゲット層にマッチしたフリーペーパーを選ぶ
  3. 最適な配布方法を利用する

フリーペーパーは、地域性の高い情報を発信できます。

ただし、ターゲットの属性に関しては完全に絞り込めないことがあるので注意しましょう。

  • 主婦
  • 学生
  • 富裕層 など

商品・サービスのターゲット層をしっかり見極めて、効果的な広告を出稿しましょう。