リーフレットやチラシの特徴を解説!カタチや用途の違いとは?

チラシ

リーフレットとチラシの違いをご存知ですか?

なんとなく違いは分かるけれど、明確に説明できない方が多いのではないでしょうか。

この記事では、リーフレットやチラシなど、6つの紙媒体の広告について特徴や用途を詳しく解説します。

  • パンフレット
  • リーフレット
  • チラシ
  • ビラ
  • フライヤー
  • POP
各媒体の違いを理解して、効果的な広告を出稿しましょう。

リーフレット、チラシ、フライヤー、パンフレットなど紙媒体広告の違い

広告媒体

紙媒体の広告には、さまざまな種類があります。

種類 枚数 折り目 目的 宣伝方法
リーフレット 1枚 あり 商品やサービスの情報提供 店頭や商品の側に設置
チラシ 1枚 なし 期間限定の広告宣伝 新聞折り込み・ポスティング
フライヤー 1枚 なし 期間限定の広告宣伝 手渡し・据え置き
パンフレット 2枚以上 あり 商品やサービスの情報提供 店頭、商品の側に設置
ビラ 1枚 なし 商品やサービスの情報提供 掲示板など
POP 1枚 なし 購買意欲の促進 店鋪の周辺や店頭、商品の側に設置

ここでは4つのポイントに注目して、それぞれの特徴を徹底解説します。

  1. 紙の枚数のよる違い
  2. 折り目の有無のよる違い
  3. 用途による違い
  4. 情報量の違い

では詳しくみていきましょう。

紙の枚数による違い

紙媒体の広告は、使用する紙の枚数によって分類できます。

使用する紙は1枚
  • リーフレット
  • チラシ
  • フライヤー
  • ビラ
  • POP
使用する紙が2枚以上
  • パンフレット

使用する紙は1枚でも、片面印刷であれば1ページ、両面印刷であれば2ページ使えます。

またリーフレットも1枚の紙で制作しますが、折り目を入れると折面ごとに区分けされた複数ページのレイアウトが可能です。

2枚以上の紙を重ねるパンフレットは、折り目を付け、さらに針金で綴って冊子のような形で制作します。

折り目の有無による違い

折り目のある広告もあれば、折り目のない広告もあります。

折り目無し
  • チラシ
  • フライヤー
  • ビラ
  • POP
コンパクトにするための折り目
  • リーフレット
複数の紙を綴じて製本するための折り目
  • パンフレット

折り目のない広告は紙面を自由に使うことができるので、パッと目を引くデザインや分かりやすい表現が可能です。

リーフレットとパンフレットには折り目がありますが、目的は違います。

用途による違い

紙媒体の広告は、用途に合わせて宣伝方法を選択できるのが特長です。

期間限定の広告宣伝が目的
新聞折り込み・ポスティング
  • チラシ
期間限定の広告宣伝が目的
手渡し・据え置き
  • フライヤー
商品サービスの情報提供
  • リーフレット
  • パンフレット
  • ビラ
購買意欲の促進
  • POP

チラシやフライヤーは、イベントやセールの告知など、期間が限定された広告宣伝に適しています。

広告の目的が同じでも、チラシは新聞折り込みやポスティング、フライヤーは手配りやお店での据え置きと宣伝の方法は異なります。

新聞折込広告に関しては、以下の記事を参考にして下さい。

>>新聞折込はエリア選定が肝心!重要ポイントを徹底解説

リーフレットとパンフレットは、提供する商品・サービスの情報の発信や、比較検討を促すための情報の提供が目的です。

パンフレットやポスティングに関しては、以下の記事を参考にして下さい。

>>新聞折込はエリア選定が肝心!重要ポイントを徹底解説

情報量の違い

リーフレットやチラシなどの広告は、媒体によって情報量が違います。

6つの印刷物を情報量の多い順に並べると、以下の通りです。

種類 枚数/用紙 サイズ
パンフレット 冊子/しっかりとした紙 A4
リーフレット 1枚/しっかりとした紙 A4
チラシ 1枚/コート紙 B4
B3
ビラ 1枚/薄い紙 A6
A4
B5
フライヤー 1枚/しっかりとした紙 A4
B5
POP 1枚/しっかりとした紙など B5
B6

使用する紙の枚数やサイズによって情報量が異なります。

広告を出稿する目的に応じて、印刷物を選びましょう。

リーフレットの特徴と用途

リーフレット

手渡しするのに最適なサイズのリーフレットの語源は、英語の「Leaf(葉っぱ)」と「let(小さい)」が組み合わさった「Leaflet(小さい葉っぱ)」です。

ここでは、3つのポイントについて解説します。

  1. リーフレットの特徴
  2. リーフレットの用途
  3. リーフレットとパンフレットの違い

では早速チェックしてみましょう。

リーフレットの特徴

リーフレットは、A4サイズの用紙を使うことが主流です。

1枚の用紙を二つ折り、または三つ折りしてコンパクトなサイズに仕上げます。

折り曲げることが前提のリーフレットは、しっかりとした厚手の紙がおすすめです。

厚めの紙を使用すると、2つのメリットがあります。

  1. 手に持った際にしっかりとした感触だから捨てられにくい
  2. 型崩れしにくい

本のような見た目のリーフレットは、ミニパンフレットや折りたたみパンフレットといわれることもあります。

リーフレットの用途

リーフレットの目的は、商品やサービスの情報提供することです。

折り目による区切りを使って、たくさんの情報を整理して掲載できます。

リーフレットは以下のような使い方が最適です。

  • 製品・サービス案内
  • テーマパークや観光地の案内 など

来場者の目につきやすいお店の入り口や総合案内のラックに常備しておくと、気軽に持ち帰ってもらえます。

リーフレットとパンフレットの違い

商品やサービスの情報提供に用いることが多いリーフレットとパンフレットですが、大きな違いが2つあります。

  • 枚数
  • 情報量

パンフレットは2枚以上の紙を使った冊子のような体裁ですが、リーフレットは1枚の紙だけで作られています。

また、紙の枚数や大きさが異なるため、掲載できる情報量が異なります。

チラシの特徴と用途

チラシ

チラシは「周囲に撒き散らすもの」を指す「散らし」が語源です。

タイムリーな情報を大量に印刷し、一気に広く拡散することができます。

ここでは、3つのポイントについて解説します。

  1. チラシの種類
  2. チラシの用途
  3. チラシとフライヤーの違い

では詳しくみていきましょう。

チラシの特徴

チラシは1枚の用紙を折らずに使用します。

1枚の紙をそのまま使用するため、片面印刷の場合は1ページ、両面印刷の場合は2ページ使えます。

チラシには大きく分けて3種類あります。

新聞折り込みチラシ B4
B3
ポスティング A4
街頭チラシ(ティッシュ配り) B5以下

一度に大量の部数を印刷することが多いチラシは、安価で表面がコーティングされたコート紙を使用します。

ポスティングは他のチラシと差別化するため、意図的に小さなサイズ、大きなサイズを選択することもあります。

チラシの用途

チラシは幅広い宣伝に使用されます。

  • キャンペーン
  • イベントの告知
  • 新商品の売出し
  • セール など

目的に合わせて、チラシの種類を選択しましょう。

新聞折込チラシ 全国を対象にした宣伝
ポスティング エリアを限定した宣伝
街頭チラシ ターゲットを絞り込んだ宣伝

いずれのチラシも大量に印刷して短期間で配布します。

幅広い地域に対する宣伝を行う場合は「新聞折込チラシ」、地域密着型の宣伝を行う場合は「ポスティング」と「街頭チラシ」が最適です。

チラシに関しては、以下の記事を参考にして下さい。

>>デジタル社会で勝ち抜く効果的なチラシ集客法

チラシとフライヤーの違い

1枚の紙を折らずに使用するチラシとフライヤーには、2つの違いがあります。

  • 配布方法
  • サイズ
  • オシャレ度

それぞれの特徴を比較してみましょう。

種類 配布方法 サイズ 重視していること
フライヤー 必要に応じて持ち帰る A4 デザイン
チラシ ターゲットに配布する B4、B3 見やすさ

幅広い宣伝に用いるチラシは分かりやすさを第一に考えて制作していますが、フライヤーはデザイン性を重視して制作しています。

フライヤーの特徴と用途

フライヤー

フライヤーは、英語の「空飛ぶもの=フライヤー(flyer)」が語源です。

戦時中は飛行機やヘリコプターを使って、空の上からチラシをばら撒いていました。

現在は空から広告物を配るのは禁止されていますが、空から落とすのに最適な小さくておしゃれなチラシは、フライヤーと呼ばれています。

ここでは2つのポイントについて解説します。

  1. フライヤーの特徴
  2. フライヤーの用途

では早速みていきましょう。

フライヤーの特徴

フライヤーには、3つの特徴があります。

  1. チラシよりも小さめサイズ
  2. 厚めの紙
  3. デザイン重視

フライヤーは、ある程度ターゲットを絞り込んでから配布します。

若い世代を中心としたターゲットを魅了するための戦略が必要です。

おしゃれでデザイン性の高い印刷物を心がけましょう。

フライヤーの用途

フライヤーは、オシャレなカルチャーに関する告知に利用されます。

  • アパレルショップ
  • カフェ
  • イベント
  • クラブイベント
  • ライブイベント など

フライヤーは店舗を訪れたお客さんが自ら選び、手に取っていくスタイルの広告です。

以下のような方法で配布します。

  • 店舗のカウンター
  • レジ先
  • 紐で吊るす
  • 購入商品に同封
  • 店先で手渡し など

チラシのように大量に印刷して一気に配布する印刷物ではありません。

ターゲットを絞り込むことで、簡単に捨てられることなくしっかり情報を届けることができます。

パンフレットの特徴と用途

パンフレット

パンフレットは、ページ数が多く大量の情報を掲載することができます。

ここでは、2つのポイントについて解説していきます。

  • パンフレットの特徴
  • パンフレットの用途

では詳しくみていきましょう。

パンフレットの特徴

パンフレットには3つの特徴があります。

  1. 2枚以上の紙を重ねた冊子
  2. 長く読まれることを前提としている
  3. 写真やイラストがある

1枚の紙で制作したリーフレットとは違い、パンフレットは2枚以上の紙を重ねて綴られています。

一般的にはA4サイズの見開きがで、ページ数もさまざまです。

紙1枚の表裏で4ページになるため、ページ数を増やすときは4の倍数で考えます。

また一時的に消費されるチラシとは異なり、パンフレットは長期に渡って保管されることを前提に制作します。

写真やイラストをキレイに印刷するため、高級感のあるしっかりとした紙を使用するのがベストです。

パンフレットの用途

パンフレットは、商品やサービスについて詳しい情報を提供するために使用します。

広告の種類 目的
チラシ、フライヤー タイムリーな広告宣伝
リーフレット、パンフレット サービスの情報提供

具体的には、以下のような用途で使用されます。

  • 企業の会社案内
  • 製品・サービスの紹介
  • 学校案内 など

リーフレットに比べて情報量が多くかさばるため、商品やサービスに対して一定以上の理解と興味のある人にターゲットを絞って提供するのが最適です。

ビラの特徴と用途

ビラは、1枚の「紙片(しへん)」を表す擬態語の「ビラビラ」が語源です。

ここでは、2つのポイントについて解説していきます。

  • ビラの特徴
  • ビラの用途

では早速チェックしてみましょう。

ビラの特徴

ビラには3つの特徴があります。

  • 1枚の薄い紙
  • 単色刷りや2色刷り
  • 掲示板など人目につく場所に貼る

商品やサービスの情報を提供する他の印刷物とは、以下のように使い分けることができます。

ビラ 掲示板など人目につく場所に貼ってある印刷物、政治関連の宣伝物
チラシ 配布する印刷物
フライヤー 手渡しや据え置きの印刷物

ビラのサイズはA6程度の小さなものから、A4やB5までさまざまです。

政治関連のビラは、高級感のある厚手のコート紙を使用することもあります。

ビラの用途

ビラは以下のような宣伝や告知に使用します。

  • 不動産関連の告知や宣伝
  • 政治関連の広報や告知

不動産関連の宣伝は、電信柱や住宅の壁などに張って宣伝します。

選挙時に使う応援用ポスターの「為書き」は、〇〇ビラとも呼ばれることもあります。

  • 激ビラ
  • 檄ビラ
  • 絵ビラ

POPの特徴と用途

POPは「Point Of Purchase(ポイント・オブ・パーチェス)」を短縮させた宣伝用語です。

「ピー・オー・ピー」とアルファベット読みをするのが正式な呼び名でしたが、現在では日本語読みの「ポップ」が主流です。

ここでは、2つのポイントについて解説していきます。

  1. POPの特徴
  2. POPの用途

では詳しくみていきましょう。

POPの特徴

POPには、3つの特徴があります。

  1. 購買意欲を高めるための宣伝である
  2. 素材は紙とは限らない
  3. 大量生産の必要がない

売り場での宣伝物はすべてPOPに含まれます。

  • 商品の説明
  • プライスカード
  • 店頭ポスター
  • のぼり旗
  • ぬいぐるみやマスコットキャラクター
  • 掲示パネル など

「POP」はお客さんに配るものではなく、売り場に来たお客さんに見せるものです。

しっかりとした紙のほか、以下のような素材も使用します。

  • プラスチック
  • ぬいぐるみ など

大量生産の必要がないため、手書きや手作りが多く、サイズもさまざまです。

POPの用途

POPは、飲食業やサービス業などの店舗で購買意欲を促進するために使用します。

具体的には以下のような用途が挙げられます。

  • スーパーマーケットでの割引価格
  • 書店で書籍の紹介
  • コンビニエンスストアにあるのぼり など

POPを使った商品やサービスへの誘導は、売上げアップにつながります。

リーフレット、チラシの違いを理解して上手く使いこなそう!

チラシ制作

販促や宣伝に用いられる紙媒体には、6つの種類があります。

  1. パンフレット
  2. リーフレット
  3. チラシ
  4. ビラ
  5. フライヤー
  6. POP

広告を出稿する目的に合わせて、適切に使い分けることが大切です。

短期間に一斉に広告宣伝を効果的に行いたい チラシ
フライヤー
ビラ
提供する商品サービスの理解を促したい リーフレット
より多くの情報を届けたい パンフレット
お客さんの購買意欲を促進したい POP

各媒体の違いを理解してうまく使い分けることができれば、より効果的に広告宣伝を行うことができます。

無駄のない広告出稿で、会社やお店の業績アップにつなげましょう。