今すぐ無料ダウンロード

通販で集客率を上げる方法は?集客を支援する具体策を解説!

「通販で集客したいけれど、なかなか反響がない」と頭を悩ませていませんか?

通販で集客率をアップさせるためには、ポイントを押さえた広告の出稿が欠かせません。

この記事では、「通販で集客率を上げる方法」と「集客を支援する具体策」を詳しく解説します。

企業とユーザーにとって、プラスとなるアプローチ方法をしっかり押さえておきましょう。

通販で集客する方法は?

通販の集客方法はさまざまです。

ここでは、オフラインの集客方法にクローズアップ。
オフライン広告の手法別にターゲットやメリットを紹介します。

商品やサービスに最適な方法を選択しましょう。

テレビ広告

テレビ広告は、一度に多くのターゲットにリーチするアプローチ方法です。

広告のターゲットは40~50代の主婦層や、60~70代のシニア層。

YouTubeなど、動画サイトの利用ユーザーが増えており、テレビ全盛期より利用者が減少しています。

テレビ広告には、3つのメリットがあります。

  1. 企業や商品のブランドイメージを認知させる
  2. 印象に残りやすい
  3. 商品やサービスの内容が伝わりやすい

テレビを視聴しているターゲット層に適した商品を販売する場合は、テレビCMは非常に効果的です。

ただし、ゴールデンタイムなど、放送枠によっては高額なコストがかかるので注意しましょう。

テレビCMに関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>オフラインで通販に集客する方法6選!効果を上げる方法も解説

新聞広告

新聞広告とは、新聞の紙面に掲載できる広告のことです。

広告の主なターゲットは、シニア層。

新聞広告には、3つのメリットがあります。

  1. エリアを絞ってアプローチできる
  2. テレビやネットを見ない層にアプローチできる
  3. 信頼度/保存性が高い

また通販において新聞広告で成功するコツに関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>通販における新聞広告の5つのメリット!成功のコツと一緒に紹介

雑誌広告

雑誌広告とは、定期的に発行されている情報誌に広告や記事を掲載すること。

広告の主なターゲットは、雑誌によって異なります。

新聞広告におけるメリットは3つです。

  1. 性別や年齢などで細かくターゲットを設定できる
  2. 反復効果が期待できる
  3. 信頼性が高い

雑誌広告の効果に関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>雑誌広告は効果的?3つのメリットと2つのデメリットを紹介

ラジオ広告

ラジオ広告とは、ラジオを通して流す音声広告のこと。

広告のターゲットは、30代以上の男女です。

多くのユーザーは通勤や運転中など、作業をしながら聴きます。

参考:ラジオデータ

ラジオ広告におけるメリットは3つあります。

  1. 制作の手間が少ない
  2. ターゲットを絞りやすい
  3. 反復効果が期待できる

ただし、音声だけで伝えるラジオ広告は、商品やサービスの内容が伝わりにくいことがあります。

リスナーに馴染みのある商品をピックアップすると効果的です。

ラジオの効果測定に関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>広告の効果を読み解き集客力アップ!媒体ごとの測定方法を解説

会員誌広告

会員誌広告は、会員に向けて発行する冊子に掲載する広告のこと。

広告のターゲットは、読者の属性によって異なります。
以下に例を示します。

会員誌広告の種類 ターゲット
クレジットカードの会員誌 富裕層
冠婚葬祭の会員誌
  • 独身男女
  • シニア層
通販の会員誌 通販の利用者
専門向けの会員誌 地域や専門分野によって異なる
芸能関係の会員誌 40代以上の女性

会員誌広告のメリットは3つです。

  1. 狙ったターゲットに届きやすい
  2. 他の媒体より反響を得やすい
  3. 発行部数とほぼ同じ数の読者に届けられる

会員誌の種類や料金に関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>会員誌広告とは?効果や料金、種類を具体的に解説

交通広告

交通広告とは、公共の交通機関に掲出する広告のことです。

主なターゲットは、交通手段によって異なります。
たとえば、タクシーや飛行機は富裕層がターゲットです。

交通広告のメリットは3つあげられます。

  1. 属性やターゲットを絞りやすい
  2. 何度も繰り返し目にする
  3. 信頼度が高い

交通広告の代理店選びに関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>通販の広告代理店を選ぶコツは?おすすめの広告代理店6選

フリーペーパー

フリーペーパーとは、無料で配布する冊子タイプの広告です。

ターゲットは、配布する地域や読者の属性によって異なります。

フリーペーパーのメリットは3つです。

  1. 属性やターゲットを絞りやすい
  2. 地域密着型のアプローチができる
  3. 多くのユーザーにリーチする

フリーペーパーのメリットやデメリットに関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>フリーペーパーに広告を出す7つのメリットと5つのデメリット

通販で集客力をアップさせる方法

通販で集客力をアップさせるには、商品やサービスに最適なアプローチ方法を検討する必要があります。

ここでは、2つの施策について詳しく解説します。

①フロント商品を見直す

人気の高い商品を「フロント商品」として打ち出す施策は、非常に有効です。

しかし、売れ筋の商品やサービスは、時代とともに変化することを忘れてはいけません。
売上データを参考に、定期的なフロント商品の見直しをしましょう。

また、新たなアプローチ方法として、ユーザーが購入しようとしている商品とは別の商品を提案して購入を促す「クロスセル」が注目されています。

たとえば、以下のようなケースです。

  • 「この商品を購入された方は、こんなものも興味を持っています」と類似商品を提案する
  • 「スーツ1着ご購入で2着目半額!」のフレーズでお得感を演出する
  • ファーストフード店で「ご一緒にポテトやドリンクはいかがですか?」と促す など

クロスセルの活用は、集客力アップにつながります。

まずはユーザーを惹きつけるフロント商品の確立からスタートしてみませんか?

②「商品同梱」や「宅配サービス同梱」を利用する

通販で購入した商品にチラシを同封する「商品同封」は、高い効果が期待されています。

その理由は、以下の通りです。

  • 幅広い層に通販が普及したから
  • 通販に対する意欲が高まっているから
  • 宅配サービスのニーズが高まっているから
  • 商品を取り出す際に必ず手に取るから など

通販や宅配サービスの普及により、商品同封は今までリーチしなかった層まで広告を届ける有効な手段へと成長しました。

商品の購入に「オフライン」と「オフライン」のどちらを利用したのか、しっかり見極めることも大切です。

ユーザーに合わせて最適な同封物を届けましょう。

オフライン
  • 商品のカタログ
  • 注文用のはがき など
オンライン
  • クーポンコード
  • ポイント付与 など

同梱広告に関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>単品通販とは何?広告を活用してリピート購入の獲得が成功の秘訣!

③独自の視点からチラシを制作する

反響のある広告は、以下のような点を打ち出すタイプです。

  • ターゲットの悩みを喚起する
  • 商品やサービスのベネフィットを伝える など

通販では、上記に加えて3つのポイントを加えることが大切です。

ポイント
商品はサービスへのこだわり 健康食品で国産原料へのこだわりをアピールする など
企業としての思い ユーザーにこうなってほしいという思いを伝える など
開発者の具体的なストーリー 開発までの道のりを分かりやすく漫画で表現する など

オフラインで集客する方法に関しては、こちらの記事をご確認ください。
>>オフラインで通販に集客する方法6選!効果を上げる方法も解説

通販の集客を支援する「O2O」施策

通販の集客を支援する施策を紹介します。

ここでは、オンラインとオフラインを連携させて購買活動を促進させる「O2O」にクローズアップ。

ユーザーをオンラインからオフラインへ誘導する具体的な方法を押さえておきましょう。

①SNSを利用したキャンペーン実施

O2O施策の中で、もっともポピュラーな方法はSNSを利用したキャンペーンです。

具体的には、以下のようなアプローチ方法があります。

  • SNSで新商品やセール情報を配信する
  • ユーザーからの問い合わせに対応する など

拡散性の高いSNSは、若い世代にとって重要な情報収集のツールです。
積極的な情報の発信は、新規ユーザー獲得につながります。

また、以下のような施策も効果的です。

  • クーポン配布
  • 店舗の公式アプリと連携
  • 位置情報を活用したプッシュ通知
  • QRコードを利用したSNSへの誘導
  • 店舗受け取りサービス など

クーポンの配布は、効果を実感しやすい手法のひとつです。

GPSやWi-Fiなどの位置情報機能を利用して、店舗やイベント会場を訪問したユーザーにクーポンを配布するO2O施策も注目されています。

「O2O」に関しては、こちらの記事でも紹介しています。
>>オンラインとオフラインを融合したOMOとは?世界の事例と共に解説

②専用アプリで事前オーダー&決済する

実店舗で商品やサービスを試してから、通販を利用するケースは少なくありません。

ユーザーに好印象を抱いてもらうためには、購入時のストレスを最小限に抑えることが大切です。

良質なユーザー体験が得らえる「O2O施策」を取り入れてみてはいかがですか?

  • 専用アプリを利用して事前にオーダーする
  • 商品を受け取る前に決済を済ませる

待ち時間の短縮は、ユーザーにとって大きなメリットです。

O2Oの活用は、以下のようなメリットもあります。

  • 在庫のある実店舗で即購入できる
  • 送料がかからない
  • Web上でじっくり商品を見極められる など

オンラインとオフラインの融合は、新たなユーザーの獲得につながります。

通販で集客率を上げるポイントはユーザー目線の広告作り!

この記事では、通販で集客力をアップさせる施策を紹介しました。

オフライン広告で集客する方法は3つあります。

  1. フロント商品を見直す
  2. 「商品同梱」や「宅配サービス同梱」を利用する
  3. 独自の視点からチラシを制作する

広告を出稿してもなかなか反響が出ない場合は、O2O施策も検討しましょう。

  • SNSを利用したキャンペーン実施
  • 専用アプリで事前オーダー&決済する など

オンラインとオフラインの融合は、企業にとっても大きな可能性を秘めています。

ユーザー目線の広告作りで、反響アップを狙ってみませんか?